試食

「小枝」がシュークリームになったビアードパパの「小枝シュー」試食レビュー 、まるで「幹」


チョコレート菓子としてなじみ深い「小枝」がシュークリームになった「小枝シュー」が、シュークリーム専門店ビアードパパから2019年10月21日(月)より登場しています。ポキッとした歯ごたえとサクサク食感が特徴の小枝がシュークリームになってどんな味わいになったのか、実際に食べて確かめてみました。

小枝シュー|シュークリーム専門店 ビアードパパ
https://www.beardpapa.jp/lineup/koeda.php

ビアードパパに到着。


店頭にはエクレアのような見た目の「小枝シュー」が並んでいました。ビアードパパでは注文してからクリームをシュー皮に詰めるシステムになっています。


というわけでさっそく購入。


袋から取り出すと、小枝のロゴが描かれた包みに入っていました。


こちらが小枝シュー。小枝と同じくアーモンドや小麦パフ、米パフがあしらわれているため、表面がゴツゴツしています。


交通系ICカードと比較するとこのくらいの大きさ。


本物の小枝を隣に並べると、小枝シューがまるで幹のような太さ。小枝は本当に枝のような細さです。


半分に切ってみると、トッピングのチョコレートは厚めにかかっており、生地の中にはチョコレートクリームがたっぷり入っています。


食べてみたところ、上にかけられたチョコレートのまろやかな甘みとアーモンドの食感から、小枝を再現しようとしたことがよくわかります。しかし、チョコレートの厚みに加えパフやアーモンドが全体的に大きいので「サクサク」「ポリポリ」というよりは「ゴリゴリ」「ボリボリ」という歯ざわりで、繊細な枝というより頑丈な「幹」のイメージ。シュー生地よりもチョコレートの方が存在が強く、小枝のすべての要素をそのまま「大きく・強く」スケールアップしていて、食べ応えある仕上がりになっています。また、やや控え目ではあるもののふかふかで香ばしいシュー生地となめらかなバニラ風味のチョコレートクリームが加わることによって、お菓子の小枝がちょっとぜいたくなスイーツの味わいになっていました。


「小枝シュー」は2019年10月21日(月)~2019年11月30日(土)までの期間限定販売で、税抜241円で購入できます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
バター香るラングドシャで覆われたシュークリームなどを生地とクリームが選べるビアードパパの新形態「beard papa20th」で食べてみた - GIGAZINE

ふんわり濃厚生クリームを極薄サクサク生地で包んだ生クリーム専門店ミルクカフェの「焼きたて濃厚生クリームシュー」を食べてみた - GIGAZINE

100年以上積み重ねた森永チョコレート技術の神髄が味わえる粉末チョコレートなど「TAICHIRO MORINAGA」全チョコ制覇 - GIGAZINE

トトロの形のシュークリームが食べられる「白髭のシュークリーム工房」は物語の中に迷い込んでしまったようなお店でした - GIGAZINE

500円のチャージとドリンク注文で2時間駄菓子が食べ放題の「駄菓子バー」に行ってきました - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.