ハードウェア

バチカンが「スマートロザリオ」を発表、十字を切ってアプリが起動し祈りを学ぶことが可能


ローマ教皇庁が統治するカトリックの総本山・バチカンが、世界の平和を祈るためのロザリオ型スマートデバイス「eRosary」を発表しました。

eRosary
https://erosary.clicktoprayerosary.org/it-it/index.html

Click To Pray eRosary: the new smart Rosary to pray for peace in the world - Click To Pray
https://clicktopray.org/click-to-pray-erosary-the-new-smart-rosary-to-pray-for-peace-in-the-world/

“Click to Pray eRosary” – wearable smart device to pray the rosary for peace - Vatican News
https://www.vaticannews.va/en/vatican-city/news/2019-10/click-pray-rosary-smart-digital-device-world-peace.html

eRosaryは、ロザリオ型のスマートデバイス。腕に巻き付けて消費カロリーや歩数などの各種健康データをトラッキングできる他にも、装着したまま十字を切ることによって、キリスト教徒向けの「Click To Pray」というアプリケーションを起動可能というロザリオらしい機能を備えています。


Click To Prayは、祈祷開始時刻の通知や祈祷時間の保存や、教皇のビデオ・オーディオガイド・図解説明などで祈りに関する学習ができるアプリケーションで、2013年より在位している第266代ローマ教皇フランシスコもアカウントを所有しているとのこと。なお、Click to Prayはソフトウェアの機能を自動的に起動させず、ユーザーがクリックしてから起動させる「クリックトゥプレイ(Click to Play)」をもじった名称です。

Click To Pray - Google Play のアプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.lamachi.clicktopray&hl=ja


eRosaryは十字架部分に黒めのうと赤鉄鉱(ヘマタイト)が10個ずつ連続した数珠部分が接続されており、ブレスレットとして腕にはめておくことができます。eRosaryの価格は110ドル(約1万2000円)。イタリアのAmazonでは公式販売ページがすでに作成されており、2019年10月25日が出荷開始日となっています。

GTI Click to pray eRosary Bracciale Digitale per la Preghiera con Connessione Bluetooth, Resistente all'Acqua, Ricarica wireless, Adatto per le Attività Sportive, Peso 24gr, Nero, Unisex: Amazon.it: Informatica


eRosaryは、「世界的な祈りのネットワーク」というバチカン主導のプロジェクトの一環として開発されました。eRosaryは平和のために祈る方法や福音に関して熟考することをデジタル世代の若者に対して教え導くことを目的としており、公式ページでは「教会の精神的伝統と最新技術の融合」と表現されています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ポケモンの代わりに聖人をゲットするゲーム登場、最初のユーザーはまさかのローマ教皇 - GIGAZINE

フランシスコ教皇が82歳にして「史上初めてプログラムのコードを書いたローマ教皇」に - GIGAZINE

ローマ教皇がTEDに登場し「科学技術によってもたらされる社会」などについて語る - GIGAZINE

ローマ教皇とGoogleのエリック・シュミット会長が会合 - GIGAZINE

バチカン図書館が貴重な4000冊もの古代写本をデジタル化して無料公開中 - GIGAZINE

3Dプリンター製のプラスチックヘルメットをバチカンのスイス衛兵が採用 - GIGAZINE

in モバイル,   ウェブアプリ,   ハードウェア, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.