ウェブアプリ

「世界のリーダー」でもTwitterルールに違反すればツイートのいいね・リプライ・リツイートなどができなくなると発表


「政治家はTwitterのガイドラインに違反してもコンテンツが削除されない」と、近年のTwitterは大きな批判を浴びています。そんな中でTwitterは、「Twitterルールに違反した政治家の投稿は今のところ存在しない」と明言しつつ、「もし違反が起こった場合にはたとえ政治家だろうと、ユーザーは違反ツイートについて、いいねも、リプライも、シェアも、リツイートもできなくなる」ことを明らかにしました。

World Leaders on Twitter: principles & approach
https://blog.twitter.com/official/en_us/topics/company/2019/worldleaders2019.html

(ドナルド・)トランプ大統領はTwitterで金(正恩)委員長を「ロケットマン」と呼び、「トランスジェンダーの軍受け入れを認めない」と投稿するなどして、大きな議論を巻き起こしました。しかし、これらの発言は削除されることなくTwitter上に残り続けていたことから、「政治家はTwitterのガイドラインに違反してもコンテンツが削除されない」と問題が指摘されています。

YouTubeのCEOが「政治家はガイドライン違反のコンテンツを投稿をしても削除されない」と発言 - GIGAZINE


これに対し、Twitterは2019年7月に政府職員を含む影響力のあるアカウントについて、「たとえTwitterルールに違反するツイートであっても、公共の利益に照らして閲覧を認める場合があります」としつつも、「対象ツイート上に告知を表示し、利用者はその告知をクリックもしくはタップしなければ、対象ツイートが見られないようにする」という措置を取ることをブログで説明しました。措置の対象となったツイートは一部機能が制限され、ユーザーの目に入る機会が減少するとのこと。

Twitter上の公益性あるツイートの明確化
https://blog.twitter.com/ja_jp/topics/company/2019/publicinterest_jp.html


そして2019年10月15日、新たにTwitterは以下の投稿の中で、世界のリーダーがTwitterルールを破った際の措置として、「まだ実際に起こったことはありませんが、いいねも、リプライも、シェアも、リツイートもできなくなります。コメント付きリツイートで意見を述べることはできます」という具体例を明らかにしました。


またTwitterはブログで「私たちは、世界のリーダーたちのアカウントがポリシーに違反していないことを明確にしたい」とつづり、Twitterが「世界のリーダー」のツイートをどのように評価しているのかを以下のように示しました。

・Twitterのルールは「人々が自由に安心して公共の議論に参加できるように」設計されており、ルールに反していると報告のあった世界のリーダーたちのツイートは、これに照らして評価されます。
・私たちはツイートに含まれる「言語」に焦点を当てており、コンテンツが含む潜在的な全ての解釈や意図について決定しません。
・今のところ、公人との直接的なやり取りや、政治的な出来事についてのコメント、経済上の威嚇、軍事的な問題などについて、Twitterルールに違反する行為は存在しません。
・しかし、世界のリーダーが行ったツイートがTwitterルールに違反していても、ツイートを表示することに公益がある場合は、対象ツイートを見る前に告知が表示されます(これは6月に発表した内容です)

Twitterは、強制措置を取るアカウントとして「テロの促進」「個人に対する暴力の脅迫が直接的・明確であるもの」「個人情報の投稿」「個人的な写真やビデオを本人の同意なく投稿すること」「子どもの性的搾取に従事する振る舞い」「自傷行為を促進する投稿」といった点を挙げました。

「私たちのチームは個々のツイートごとに決定やフィードバックを送っているのではなく、決定について定めたルールに基づいています」「私たちの目標はルールを慎重かつ公平に実施することです」とTwitterは述べました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
トランプ大統領がTwitterでブロックするのは「憲法違反」と判決が下される - GIGAZINE

米議員はどんなユーザーをTwitter上でブロックしても違憲になるのか、議論が過熱中 - GIGAZINE

ついにTwitterで「見たくないクソリプを隠せる」機能の実装が始まる予定 - GIGAZINE

Twitterが新しい利用ポリシーを公開、非人道的な発言はアカウント停止の対象か - GIGAZINE

Twitterが個人の住所や電話番号を拡散するツイートに迅速に対処すべく仕様変更、内容はこんな感じ - GIGAZINE

in ネットサービス,   ウェブアプリ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.