ゲーム

ドンキーコング元世界記録保持者のスコア復活を記録サイトが改めて拒否

by Microsiervos

ゲーム記録サイトのTwin Galaxiesは、ドンキーコングの元世界記録保持者であるビリー・ミッチェル氏がエミューレーターを使用したとして、登録されていたギネス世界記録を削除しました。ミッチェル氏は自身の世界記録は正当なものであるとして記録の復活を求めていたのですが、「記録削除の撤回やスコアの復活はありません」とする内容の回答書を公開し、改めてミッチェル氏の要求を退けました。

Dispute: Jeremy Young - Arcade - Donkey Kong - Points [Hammer Allowed] - Player: Billy L Mitchell - Score: 1,062,800 - Page 377


The Split-Screen Man | EGM
https://egmnow.com/the-split-screen-man/

伝説的アーケードゲーマーとも評されるビリー・ミッチェル氏はかつて、パックマンで世界初のパーフェクトゲーム(スコア:333万3360点)を達成した人物として知られています。また、ドンキーコングでも、ギネス記録になった世界初の100万点超えを含む2つのハイスコアでTwin Galaxiesに登録されていました。しかし、ゲーム記録サイトのTwin Galaxiesはミッチェル氏の記録を「アーケードの実機ではなく、エミューレーターによるもの」と断定。規定に違反した制裁として、Twin Galaxiesのデータベースに保存されていたミッチェル氏の全記録を抹消しました。また、これに伴いTwin Galaxiesの記録を元にしていたギネス世界記録への登録も取り替えされています。


ミッチェル氏がTwin Galaxiesから記録を削除された経緯については、以下の記事に詳しく書かれています。

パックマンやドンキーコングの世界記録をたたき出していたゲーマーがエミュレーターを使っていたことが発覚、ギネス世界記録から削除される - GIGAZINE


Twin Galaxiesの処分に対しミッチェル氏は真っ向から反論。エミュレーターなどは使用しておらず、公式のルールに従ってゲームをプレイしていたと主張し、その証拠としてTwin Galaxiesに対し156ページにも及ぶ資料を提出しました。ミッチェル氏は同時に、法律事務所が作成した文書をTwin Galaxiesとギネスに送付し、記録が復活されなかった場合は法的手段に出ると警告しています。

ドンキーコング元世界記録保持者がエミュレーター使用容疑による記録削除に対して怒濤の反論 - GIGAZINE

by kevinrodenphotography

さらに、ミッチェル氏はドンキーコングを実機でプレイする様子を映したTwitchのライブ配信で、実際に削除された記録と同等のハイスコアをたたき出し、ギネス記録にふさわしい腕前を持つことを証明しています。

Billy_Mitchell - 1,047,500 - Twitch


しかし、ミッチェル氏が「世界で最初にドンキーコングで100万点超えを果たした男」というギネス記録を取り戻すには、現在の腕前ではなく過去の記録が本物であるかを実証する必要があります。

そんな中、Twin Galaxiesはこの問題について取り扱うフォーラムで、「我々の弁護士はミッチェル氏の弁護士に対して正式な回答を送付しました」と投稿。公開された回答書の中でTwin Galaxiesは「永きにわたる公開討論の結果、我々はミッチェル氏のスコアが規則に適合していないと判断しました。したがって、ミッチェル氏の記録は永久に抹消されます」と述べて、ミッチェル氏の記録が公正なものではないとの見方を改めて明確にしました。

また、アメリカの月刊ゲーム雑誌Electronic Gaming Monthly(EGM)も「複数の分析により、ミッチェル氏のスコアは本物のアーケードの実機から出力されたものではないことが示されており、記録としては不適格です」と指摘。Twin Galaxiesの結論を支持しています。

EGMによると、ドンキーコングのアーケードの実機は横長のモニターを反時計回りに90度回転させて縦長のモニターを実現しているのだとのこと。従って、実機から出力されゲーム映像は上部が右側に来なければならないはずですが、ミッチェル氏が提出したドンキーコングの2つの記録に関する画面の上部が左側になっているとのこと。一方で、ミッチェル氏が使用したとされるエミューレーターのMAMEからゲーム画面を出力すると、ミッチェル氏の画像のように画面の上部が左側になるとされており、「これがミッチェル氏の記録がエミューレーターによるものである証拠だ」とEGMは指摘しています。また、実機とMAMEとではスコアの数字の表示方法にわずかな違いがあり、この点においても違いが見受けられるとのことです。

以下の画像が、EGMが「エミューレーターによるもの」と指摘したミッチェル氏のゲーム画面の映像です。素人目にははっきりとは分かりませんが、確かにそれぞれの画像の右側が不自然にゆがんでおり、この部分がモニターの上部だったとするとゲーム画面の上部は左側に来ることになります。


また、Twin Galaxiesはミッチェル氏が「スコアを復活させなければ名誉棄損で訴える」と述べている点についても反論しています。回答書でTwin Galaxiesは「ミッチェル氏は40年以上にもわたり伝説的なゲーマーとしてスポットライトを浴びてきた、いわば公人です。従って、Twin Galaxiesにはミッチェル氏の功績を公然と議論する法的な権利があります。しかも、Twin Galaxiesは一度も『ミッチェル氏が詐欺を働いた』とは述べておらず、名誉棄損にもあたりません」と指摘。

さらに、「ミッチェル氏が訴訟をちらつかせる行為は恫喝訴訟(SLAPP)にあたるため、万が一実際に訴訟に踏み切ればただちに反SLAPP法に抵触し、一切の訴訟費用は原告であるミッチェル氏が負うことになります」と警告。ミッチェル氏の弁護士であるジェームス・ギボンズ氏に対して「ミッチェル氏に慎重かつ賢明な判断をされるようアドバイスしてください」と勧めて、ミッチェル氏の訴えは無理筋であるとの見方を示しました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
パックマンやドンキーコングの世界記録をたたき出していたゲーマーがエミュレーターを使っていたことが発覚、ギネス世界記録から削除される - GIGAZINE

ドンキーコング元世界記録保持者がエミュレーター使用容疑による記録削除に対して怒濤の反論 - GIGAZINE

「ハイスコアガール」の著作権侵害でSNKがスクエニを刑事告訴した理由とは? - GIGAZINE

Googleの自己ゲーム学習AI「DQN」も苦戦した「Montezuma’s Revengeでハイスコアをたたき出すAIの開発」をたったひとつのデモンストレーションから学習することで達成 - GIGAZINE

コインもキノコも無視、スーパーマリオブラザーズ低スコア攻略動画 - GIGAZINE

ゲームでチートを使ったプレイヤーが約20年のオンライン禁止処分を受けて話題に - GIGAZINE

プレイ時間3時間超え・初代「ドンキーコング」で120万点超えという驚愕のハイスコアが樹立される、プレイヤーは引退を表明 - GIGAZINE

in ゲーム, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.