メモ

iPhoneのせいで同性愛者になったとして男性がApple相手に訴訟を起こす

by christian buehner

「iPhoneが自分を同性愛者に変えた」と主張する男性が、Appleに対し約160万円の損害賠償を求めていると、ロシアのラジオ局であるガバリート・モスクバが報じました。

Пресненский районный суд принял иск о «доведении до гомосексуализма»
https://govoritmoskva.ru/news/211434/

Russian iPhone User Sues Apple for Turning Him Gay - The Moscow Times
https://www.themoscowtimes.com/2019/10/02/russian-iphone-user-sues-apple-for-turning-him-gay-a67564


Russian man sues Apple for 'making him gay'
https://www.telegraph.co.uk/news/2019/10/03/russian-man-sues-apple-making-gay/

2017年に暗号通貨支払いアプリをiPhoneにインストールしたD. Razumilov氏という男性は、2019年夏に注文したビットコインでなく69個の「GayCoins」という暗号通貨を受け取ったとのこと。このとき、GayCoinsには「一度も試さずに判断しないでください」とメッセージが添えられており、「確かにその通りだ」と思ったRazumilov氏は、同性同士の関係を試してみることにしました。


「2カ月後、私は同性と親密な関係になり、その沼から出ることができませんでした」「私には安定した関係のボーイフレンドがおり、両親にどう説明すればいいかわかりません。前述のメッセージを受け取ってから、私の人生は悪化し、二度と普通に戻ることはできません」とRazumilov氏は述べています。Razumilov氏が暮らすロシアでは同性愛が法的に禁じられており、「同性愛者狩り」で死者が出るなど、LGBTにとって厳しい状況が続いています。

「同性愛者狩り」で活動家殺害か ロシアのLGBTに恐怖広がる 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News
https://www.afpbb.com/articles/-/3238991


Appleが自分を同性愛に赴くように操作したと考えるRazumilov氏は、道徳的な苦しみやメンタルヘルスへの害悪を生み出したとして、Appleに1万5300ドル(約160万円)の損害賠償を求めています。

Razumilov氏の弁護士であるSapizhat Gusnieva氏はAFPに対し、この事件は「深刻」なものであり、クライアントが「怯え、苦しんでいる」と主張しています。この一件はサードパーティーアプリを通して起こったものですが、Gusnieva氏はAppleには「自社プログラムに対する責任がある」として、Appleを訴えています。

Gusnieva氏の申し立ては9月20日に受理されており、10月17日に口頭弁論が行われる予定となっています。

なお、本件に関してAppleはコメントを行っていないとのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「ゲイであることは、神が私に与えた最高の賜物の一つだと考えている」、Appleのティム・クックCEOがゲイであることを明らかに - GIGAZINE

人の性的指向を変える「転向療法」は自殺や自傷を引き起こすと調査で示される - GIGAZINE

性的に惹かれるという感情を持たない「Asexual(アセクシャル:無性愛)」とは? - GIGAZINE

遺伝子はどのようにしてトランスジェンダーを形作るのか? - GIGAZINE

年齢によって同性愛者になったり異性愛者になったりすることがある - GIGAZINE

「同性愛者を生み出す特定の遺伝子は存在しない」という研究結果 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.