試食

弾力ある名古屋コーチンとほのかに香る山椒が楽しめる「純鶏 名古屋コーチンの親子重」をなか卯で食べてみた


2019年10月1日(火)より、なか卯の「プレミアム重シリーズ第12弾」として、ブランド地鶏の名古屋コーチンを100%使用した「純鶏 名古屋コーチンの親子重」が期間限定で登場しています。2019年に登場25周年を迎えたなか卯で人気の親子丼が「名古屋コーチンの魅力を最大限引き出す」という形で進化していたので、どんな味に仕上がっているのか、実際に食べて確かめてみました

《予告》旨みあふれる!地鶏ならではの弾力食感! 【純鶏 名古屋コーチンの親子重】新登場! ~なか卯 プレミアム重シリーズ 第12弾~ | お知らせ | 丼ぶりと京風うどんのなか卯
https://www.nakau.co.jp/jp/news/534


なか卯に到着。


店舗の前には「純鶏 名古屋コーチンの親子重」の看板が立てられていました。


「純鶏 名古屋コーチンの親子重」(並盛:税込790円)を注文すると、5分ほどで提供されました。


お重のふたを開けてみると、トロトロの玉子と鶏肉が白米にかかっています。


玉子に紛れて、ところどころに茶色のそぼろが見えます。これはなか卯オリジナルの「コーチンそぼろ」とのことで、玉子と鶏肉だけのオーソドックスな親子丼とはひと味違っています。


れんげで白米と玉子をすくってみると玉子のトロトロ具合がよくわかり、見ているだけで食欲をそそます。実際に食べると甘い割り下の風味と玉子の相性が抜群で、玉ねぎも柔らかくなるまでよく煮込まれていました。


名古屋コーチンは弾力のある歯ごたえが楽しめ、かむたびに鶏のうま味が感じられます。


また、コーチンそぼろには山椒が使われており、親子重を食べ進めていると、時々ほのかなほのかな山椒の香りが感じられます。このために味に変化が加わって、飽きることなく食べられる親子重となっていました。


「純鶏 名古屋コーチンの親子重」は11月中旬までの期間限定メニューの予定で、全458店舗で提供されるとのこと。価格は並盛が税込790円、大盛が税込860円です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
1901年創業の老舗の味をミスドのサクサクパイで包んだ「THE グルメパイ」を食べてきた - GIGAZINE

濃厚デミグラス&チーズの「洋風チキンカツサンド<デミグラチーズ>」がケンタッキーに登場したので定番「和風チキンカツサンド」と食べ比べてみた - GIGAZINE

ジューシーすぎる牛肉パティとハラペーニョ&青唐辛子のピリ辛が食欲をそそる「グリーンチリチェダーチーズバーガー」試食レビュー - GIGAZINE

タピオカドリンク2種類を含めカレー・ラーメンからスイーツまで揃った「マチ★アソビ vol.23」のグルメハントに挑戦してみた - GIGAZINE

「黒のシビ辛」と「赤のピリ辛」が大量発汗を誘う「麻婆ロースカツ定食&ケイジャンロースかつ定食」を松のやで食べてきた - GIGAZINE

牛カルビ・チキンカツ・カレーなど主役級トッピングが盛りだくさんな「完全無欠のスーパーゴールデンカリー炒飯」を大阪王将で食べてきた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1h_ik

You can read the machine translated English article here.