試食

濃厚デミグラス&チーズの「洋風チキンカツサンド<デミグラチーズ>」がケンタッキーに登場したので定番「和風チキンカツサンド」と食べ比べてみた


てりやきソースが染みこんだ「和風チキンカツサンド」を定番で扱うケンタッキーに、濃厚デミグラスソースとチェダーチーズをオリジナルのチキンカツと合わせた「洋風チキンカツサンド<デミグラチーズ>」が2019年10月1日(火)から期間限定で登場します。同日からしびれる辛さがやみつきになる「サクサク骨なしケンタッキー<四川風麻辣味>」や飲むスイーツ「Krushersアップルタルト」も登場しているので、新作をまとめて食べてきました。

KFCオリジナルのチキンカツを使った洋風サンド 「洋風チキンカツサンド<デミグラチーズ>」10月1日(火)新発売 ~濃厚デミグラスソースとチェダーチーズのコクがたまらない。定番・和風サンドと食べくらべもおススメ!~
http://japan.kfc.co.jp/news_release/news190927kfc02.html

サクサク衣の食感としびれる辛さがやみつき! 「サクサク骨なしケンタッキー<四川風麻辣味>」 10月1日(火)新発売 ~秋の行楽やスポーツ観戦などにもぴったりな“しび辛”骨なしチキン~
http://japan.kfc.co.jp/news_release/news190927kfc01.html

飲むスイーツKrushersの新フレーバー 「Krushersアップルタルト」10月1日(火)新発売 ~ふじりんごのソースとハニーメイプルの相性抜群!~
http://japan.kfc.co.jp/news_release/news190927kfc03.html

ケンタッキーに到着。


さっそく新作「洋風チキンカツサンド<デミグラチーズ>」と食べ比べ用の定番「和風チキンカツサンド」、そして「サクサク骨なしケンタッキー<四川風麻辣味>」を注文します。


数分後、注文したものを受け取りました。


これが洋風チキンカツサンドと和風チキンカツサンドのパッケージ。洋風チキンカツサンドの包み紙は日本語で、和風チキンカツサンドの包み紙は英語で書かれています。


包み紙を開けてみるとこんな感じ。


2つともサイズはほぼ同じで、高さは全長123.8mmのiPhone SEの半分くらいです。


サイズは同じですが具材の挟まる順序は違っていて、洋風チキンカツサンドはバンズの下にチーズ、ソース、チキンカツ、キャベツの順に並んでいますが……


和風チキンカツサンドはバンズの下にキャベツとマヨネーズ、そしてたれが染みこんだチキンカツが挟まっています。


さっそく洋風チキンカツサンドを食べてみると、ワインやバターが香るデミグラスソースとチーズの組みあわせはかなり濃厚。デミグラスソースはオニオン・トマトなどを配合しており、甘さや酸味で深みのある味わいです。


ソース&チーズはかなりこってりしていますが、チキンはプリッとした胸肉なのでくどくならず、バランスの取れている印象。サクっと軽く揚がった衣やキャベツの食感がアクセントになっています。「これって定番ではないの……?」と思ってしまうほどに王道かつ完成された仕上がりでした。


一方で和風チキンカツサンドは、チキンカツにしっかりてりやきソースが染みこんでいるので、食感はしっとりしています。安定の完成度はいわずもがな。洋風・和風で食べ比べると、てりやきソース&マヨネーズという甘辛さ・酸味のある味わいのバランスが、確かに洋風チキンカツサンドと通じるものがありました。


新商品のサクサク骨なしケンタッキー<四川風麻辣味>も食べてみます。包み紙に「辛」のシールが貼られていました。


開封。衣に花椒や唐辛子がついているのが確認できて、見た目からして辛さが伝わってきます……。


食べてみると……


かぶりついた瞬間にふわっと花椒の香りが鼻を抜けていきます。肉汁が赤っぽく染まっていることからもわかるように、かなり刺激は強め。味を楽しめるギリギリの辛さで、食べ続けていると口の中や唇がヒリヒリしてきました。唐辛子・花椒どちらもしっかり味わえるので、好きな人ならたまらない仕上がりです。


口の中が熱くなったところで、同日から登場している「Krushersアップルタルト」を飲んでみます。


カップを外してみると、ホイップクリームの上にはふじりんごのソースがたっぷりかかっていました。


飲んでみると、メイプルシロップの香りや味が口いっぱいに広がり、太めのストローを通って全粒粉のクランチがごろごろと入ってきます。


カップ側面からはわからないのですが、かなり大きなクランチが入っているので、タルトを食べている時のようなザクザクとした食感が味わえます。甘みも強いので、ドリンクというよりは完全にデザート。


ホイップクリームの上のふじりんごソースは角切りりんごも入っており、甘酸っぱい仕上がり。「タルト」という言葉が名前に入っているのが納得できる飲みごたえある一品なので、デザートにも、3時のおやつにもぴったりです。


なお、「洋風チキンカツサンド<デミグラチーズ>」は税込420円、「サクサク骨なしケンタッキー<四川風麻辣味>」は税込270円、「Krushersアップルタルト」は税込390円で、いずれも2019年10月1日(火)から期間限定での販売となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
超巨大でジューシーな「わらじメンチカツ」を食べるために「ブルドック」へ行ってきました - GIGAZINE

揚げ時間60秒の激レアでやわらかな牛かつが食べられる「牛かつ 壱弐参」に行ってきた - GIGAZINE

リーズナブルな超絶大盛りメニューが出てくる「元祖がっつり亭」でガッツリ食べてきました - GIGAZINE

唐揚げがおかわり自由で心ゆくまで食べまくれる「鳥どり」に行ってきました - GIGAZINE

「とんまさ」の全高25センチ・若鶏カツ定食にチャレンジしてきました - GIGAZINE

時間無制限でとんかつ食べ放題の吉兵衛「食べ放題定食」を食べてみた - GIGAZINE

衣のヘタレ具合があまりに違いすぎる天ぷらとトンカツ、粉が違うとここまで差が出る - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.