レビュー

消費税増税に伴い料金を最大5%還元する「キャッシュレス決済制度」対応店舗がマップですぐわかる公式アプリ「ポイント還元対象店舗検索アプリ」レビュー


2019年10月1日より施行される「消費税10%」に伴って、経済産業省は「キャッシュレス決済を使うと料金の最大5%がポイントで還元される」という新制度を実施する予定です。そんな新制度に対応した店舗をマップから検索できる公式アプリ「ポイント還元対象店舗検索アプリ」が登場していたので、実際に使ってみました。

消費者の皆様 TOP | キャッシュレス消費者還元事業
https://cashless.go.jp/consumer/index.html

ポイント還元対象店舗検索アプリはiOS版・Android版が公開されています。

ポイント還元対象店舗検索アプリ on the App Store
https://apps.apple.com/app/id1477479075

ポイント還元対象店舗検索アプリ - Google Play のアプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.cashless.android

今回はiOS版を使ってみます。AppStoreからポイント還元対象店舗検索アプリのページを開いて、「入手」をタップ。


「インストール」をタップすると自動でインストールが完了。


「開く」をタップしてアプリを起動します。


ポイント還元対象店舗検索アプリの初回起動時には利用規約に同意する必要があるので、「利用規約に同意する」をタップ。


ポイント還元対象店舗検索アプリに位置情報の利用を許可するため、「Appの使用中は許可」をタップ。


すると自分の周囲の店舗がマップ上に自動で表示されます。しかし、どのバルーンが何の店舗なのかを指し示す情報はなし。「何の店舗なのか」を知るためには、1個1個バルーンをタップして確認する必要がありました。


アプリの下部にはマップ上で赤色アイコンになっている店の店舗情報が表示されています。詳細を見るため、店舗情報をタップ。


使用できるクレジットカード・QRコード・電子マネーなどの種類が表示されます。一番下の「MAPで開く」をタップすると……


iOS版では「マップ」アプリが起動して、詳細情報を表示していた店舗が自動で「マップ」アプリ上に表示されました。


しかし、アプリのUIに「検索欄」が存在しないので、特定の店舗を検索したり、特定の地域を表示したりすることができず、実際に使うとなるとかなり不便なものがあります。「こんなに不便なままなのだろうか?」ということでポイント還元窓口に問い合わせしてみたところ、「将来的には対応します」との返答でした。

なお、2019年10月1日以前にマップ上に反映されている情報は完全なものではなく、順次追加されていくとのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
消費税増税に伴う最大5%料金が戻ってくる「キャッシュレス決済ポイント還元制度」対象店舗をサクッと検索できる「キャッシュレス還元マップ」 - GIGAZINE

世界的に見た日本の消費税のランクや「軽減税率の疑問」がわかるまとめ - GIGAZINE

税金の無い島ケイマンに銀行口座を開けるか、実際に現地に行ってチャレンジしてみました - GIGAZINE

最も貧乏な人たちは最も裕福な人たちよりも税金の負担が大きいという研究結果 - GIGAZINE

窓やトランプ、果てはオシッコにまでかかった、古今東西のとんでもない税金いろいろ - GIGAZINE

in レビュー,   モバイル,   ネットサービス, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.