試食

ダブル肉塊にベーコンを重ねた肉まみれの「ベーコネーターUSAダブル」をウェンディーズ・ファーストキッチンで食べてきた


本場・アメリカのウェンディーズで人気のメニューをそのまま再現した「ベーコネーター」をアップグレードして、パティもベーコンも2倍にした「ベーコネーターUSAダブル」が、2019年9月12日(木)にウェンディーズ・ファーストキッチンに登場しました。「すべてにおいてアップグレードした自信作」はどんなバーガーとなったのか、秋の新ポテトと合わせて、食べてきました。

~ 人気のUSAシリーズ第2弾 ~ 本場の Baconatorが日本上陸!! - Wendy's x First Kitchen
https://wendys-firstkitchen.co.jp/news/?nwid=631

秋のキャンペーン♪芳醇フレーバーポテト2品を新発売! - Wendy's x First Kitchen
https://wendys-firstkitchen.co.jp/news/?nwid=636

ウェンディーズ・ファーストキッチンに到着。「ベーコネーター」のメニューが待ち構えています。


今回のお目当ては「ベーコネーターUSAダブル」(税込850円)ですが、ダブルがどうすごいのかを比較するため「ベーコネーターUSAシングル」(税込570円)も購入しました。


左が「ベーコネーターUSAダブル」、右が「ベーコネーターUSAシングル」。本当に差はパティとベーコンの枚数だけなのかと疑ってしまうボリューム差。


「ベーコネーターUSAシングル」は上のバンズをめくるとチーズの上にベーコンがセットされています。このチーズの下には、パティ、もう1枚のチーズ、バンズと続いています。


一方、「ベーコネーターUSAダブル」はバンズの下にベーコン、そして1枚目のパティが鎮座。


パティの下にはシングルと同様、ベーコンと、チーズにサンドされたパティがあります。


2枚のパティに加えてアップルウッドでスモークした存在感あるベーコンがドンとサンドされて、とにかく口の中が「肉」味まみれ。肉力(にくぢから)とでも表現するパワーがあるとすれば、各種ハンバーガーの中でも上位にランクインすること間違いなしの強力さ。チーズをサンドしたバーガーで、これほどまでにチーズの存在感がかき消されているものは珍しいのではないでしょうか。


シングルの「肉」感はダブルには届きませんが、もともとウェンディーズのハンバーガーはパティが肉厚でパワフルなので満足度は決して低くありません。パティとチーズのハーモニーを楽しむのであれば、味のバランスが良いシングルの方がベターです。


ポテトの新味は「柚子胡椒味ポテト」&「山椒松茸味ポテト」。Mサイズが税込290円、Lサイズが税込340円。


柚子胡椒味には柑橘系の酸味を感じさせる味わいがあり、辛めの味と合わさって「なるほど、柚子胡椒」とどこか納得。


しかし、一方の山椒松茸味は味の濃さはあるものの、山椒らしいピリッとした刺激は特になく、松茸味もピンとこず、おそらく何味か知らない人が食べて「山椒」「松茸」を当てるのは困難。香りも、ポテトの香りが強いため、それっぽさは感じませんでした。


なお、ウェンディーズ・ファーストキッチンでは他に、秋味のパスタとして「サーモンときのこの和風生パスタ」の「柚子こしょうクリーム」と「だし香る和風パスタ」の2品が新登場しています。

『和』テイストへのこだわり、秋味パスタ2品新登場! - Wendy's x First Kitchen
https://wendys-firstkitchen.co.jp/news/?nwid=634

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
もはやハンバーガーを越え「肉の塊」と化したトリプル肉の「ウェンディーズバーガーUSA」などボリュームを選べる3種のバーガーを全制覇してみた - GIGAZINE

イベリコ豚のスモークベーコンとマッシュルームが香る2種の新「ベーコネーター」をウェンディーズで食べてきた - GIGAZINE

もちもちタピオカと濃厚ソフトクリームの猛烈な甘味が押し寄せるジュエルタピオカシェイク全4種をファーストキッチンで飲んでみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.