取材

累計2億5000万本を売り上げた人気FPSシリーズ最新作「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア」のマルチプレイヤーモードを遊んできました


世界で2億5000万本という販売本数を記録した人気ファーストパーソン・シューティング(FPS)ゲーム「コール オブ デューティ」シリーズの最新作「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア」は、ストーリーに沿ってミッションをこなしていく「キャンペーンモード」や他人と対戦できる「マルチプレイヤーモード」がプレイ可能。2019年9月12日から15日まで開催される東京ゲームショウ2019でマルチプレイヤーモードを体験できるとのことで、一足早く兵士となって戦場を駆け回ってきました。

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア | プレイステーション
https://www.jp.playstation.com/games/call-of-duty-modern-warfare/

第5ホールのソニー・インタラクティブ・エンタテインメントブースに到着。その一角に、コール オブ デューティ モダン・ウォーフェアのコーナーがあります。


併設されている試遊台では最大12人でマルチプレイを体験することができます。さっそく参加表明して、戦いに身を投じてみました。


試遊台ではマルチプレイヤーによるチーム戦を3戦プレイすることができます。陣営は「Coalition」と「Allegiance」の二つ。「コール オブ デューティ」シリーズは第二次世界大戦などの近代戦から近未来戦まで、さまざまな時代の戦争を体験できます。コール オブ デューティ モダン・ウォーフェアは、2007年に発売された「コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア」から続く「モダン・ウォーフェア」シリーズの最新作で、現代戦がモチーフになっています。


ロビーで武装を整えることに。


メイン武器には最もスタンダードなアサルトカービン銃M4A1を選択。武器はバレルやサイト、ストック、マガジンなど、自分の好きなパーツを組み合わせて使いやすいようにカスタマイズすることが可能です。


敵兵士を連続で倒すと、倒した数に応じて特殊な装備を使えるようになる「キルストリーク」


戦いを有利にするためのパークも選択します。自分のプレイスタイルに合わせて武器のパーツやキルストリーク、パークを組み合わせることが戦略を生み出します。


1戦目はチームに分かれて戦うチームデスマッチ(夜戦)です。暗視ゴーグルを使いながら敵と戦う必要がある夜戦モードはコール オブ デューティ モダン・ウォーフェアで追加されたマルチプレイのバリエーション。視界が非常に悪いのでレーザーサイトが有効ですが、敵も暗視ゴーグルを使うためにすぐに位置がばれてしまうのが難しいところ。

夜戦のマルチプレイがどんな感じなのかは以下のムービーでみることができます。

PlayStation 4「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア」チームデスマッチ(夜戦)をプレイする様子 - YouTube


慣れない夜戦でありながら、1戦目は見事勝利。試遊した編集部員はモダン・ウォーフェアシリーズの1作目・2作目のキャンペーンモードをクリアしたことがある程度で、マルチプレイはほとんどやったことがありませんでした。しかし、複雑な操作は必要なくスムーズに遊ぶことができ、広すぎず狭すぎないほどよいステージで遊びやすい印象を受けました。


倒した敵兵は7人、倒された回数は2回、アシストした回数は3回と、まずまずの活躍を見せることができました。


続いて2戦目は、フィールド内にある旗を取ってポイントを稼ぐマッチ。実際に2戦目をプレイしているところが以下のムービー。

PlayStation 4「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア」マルチプレイで旗の奪い合い - YouTube


敵を倒すことよりも「いかに先行して陣地を奪うか」「陣地を奪われたら、いかに早く奪い返すか」という部分がポイントになります。そのため、敵と出くわして倒す機会があまり得られず、チームは勝利したものの、個人としてはあまり貢献できていない感じ。


3戦目は明るいところでのチームデスマッチ戦で、以下のムービーで全編を見ることができます。3戦目は明るいのでレーザーサイトをあえて外し、障害物に隠れながらなるべく慎重に進んでいくつもりでプレイしました。しかし実際は味方にサポートしてもらいながら、「やられたらやり返す」の精神でがむしゃらに戦場を動き回る感じに。それでもなんとか所属チームが勝利を飾ることができました。

PlayStation 4「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア」で6v6のチームデスマッチをプレイしてみた - YouTube


会場では、3戦中2戦を勝利したチームのメンバーにコール オブ デューティ モダン・ウォーフェアのTシャツがプレゼントされました。


Tシャツは会場のスタッフも着用。背面にタイトルロゴが書かれていて……


前面胸部には「MW」と大きくプリントされていました。


なお、コール オブ デューティ モダン・ウォーフェアは2019年10月25日(金)に発売されますが、マルチプレイヤーモードの先行オープンベータテストが2019年9月13日午前2時から、PlayStation 4で始まります。


以下のAmazonのページからコール オブ デューティ モダン・ウォーフェアの先行オープンベータ用のコードを無料でゲットできます。

Amazon.co.jp: 【コードをEメールでお届け】コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア - 先行ベータ 9月配信|ダウンロード版: ゲーム

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
東京ゲームショウ2019開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

サクラ大戦シリーズ最新作「新サクラ大戦」試遊レビュー、シリーズおなじみの会話アドベンチャー&華やかで爽快なアクションが楽しめる - GIGAZINE

アクションゲームの本来の楽しさが詰まった戦国死にゲー「仁王2」の世界初試遊で落命しまくってきた - GIGAZINE

迫り来る悪の生命体に向かって波動砲をぶっ放せ、ついに復活した人気シューティング最新作「R-TYPE FINAL2」試遊レビュー - GIGAZINE

発売間近のウルトラモバイルPC「GPD Pocket2 MAX」やゲームパッド搭載のWindows 10PC「GPD WIN2」フォトレビュー - GIGAZINE

若いゲーマーは道徳的推論能力が非ゲーマーよりも高いことが研究により明らかに - GIGAZINE

オリンピックの正式種目化も検討される「eスポーツ」の先進国を目指して日本ではどんな取り組みが行われているのか? - GIGAZINE

FPSなのに銃を一切使わずナイフでアサシンのごとく敵を狩りまくりマスターランクにまで到達した猛者がスゴイ - GIGAZINE

「Call of Duty:Black Ops II」実写で戦いまくるトレーラームービー公開 - GIGAZINE

in レビュー,   取材,   動画,   ゲーム, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.