ハードウェア

Apple Watch Series 5実機写真・ムービーまとめ、コンパス内蔵&ディスプレイ常時点灯が可能に


2019年9月11日に開催されたApple Special Eventsで、Apple Watchの新型である「Apple Watch Series 5」が発表されました。カリフォルニア州クパチーノにある会場では、Apple Watch Series 5の実機がApple Special Events終了後に公開されていて、実際に触ってみた写真やムービーがネット上にあがっています。

Apple Watch Series 5 - Apple(日本)
https://www.apple.com/jp/apple-watch-series-5/

Apple Watch Series 5 hands-on | TechCrunch
https://techcrunch.com/2019/09/10/apple-watch-series-5-hands-on/


Apple Watch Series 5 hands-on: Always-on display is a keeper - SlashGear
https://www.slashgear.com/apple-watch-series-5-hands-on-always-on-display-is-a-keeper-10591220/


技術系メディアのThe Vergeは「サイズもデジタルクラウンも同じで、Series 5の見た目はSeries 4にそっくりだ」と述べています。


以下の画像の左がSeries 4で、右がSeries 5。並べて比べても形状の違いは全くわかりません。


裏面のセンサー部分も、電気心拍センサーの周囲に刻まれている文字が違うだけで、あとはほとんど同じ。


一方で、Series 5はSeries 4にない新しい機能がいくつか追加されています。例えば、Series 5ではさらに省電力性能を向上させ、新しい光センサーを搭載することで「常時表示Retinaディスプレイ」を実現しています。消費電力が下がってバッテリーの持続時間が延びる「低温ポリシリコン(LTPO)」はSeries 4から導入されているものの、画面を常時表示させるという機能は初めてのもの。

以下のムービーをみると、Apple Watch Series 5の常時表示Retinaディスプレイがどういうものかがよくわかります。Series 4までは待機状態だと画面が真っ暗になっていましたが、Series 5では待機状態でもバックライトが消えた状態で時計盤が表示されていて、手首を動かして待機状態を解除すると、バックライトが点灯して時計盤もはっきり表示されるようになっています。


常時表示Retinaディスプレイを採用したことで、Apple Watch Series 5のバッテリーはおよそ18時間もつとのこと。しかし、実際にどれぐらいバッテリーが長持ちするのかは実際に使ってみないとわからない、とThe Verge。

また、Series 5はApple Watchとして初めてコンパスを内蔵。方角や傾斜、緯度経度、高度のチェックが可能になりました。これによって、マップアプリで自分の方向を表示することが可能になりました。また、時計盤にコンパスを表示することもできます。実際にApple Watch Series 5上でコンパスを動かしている様子が以下のムービー。


また、技術系メディアのSlashGearによるとコンパスを内蔵したことによって、プラネタリウムアプリの「Night Sky」がApple Watch Series 5上で星座早見盤として動作するようになるとのこと。


ドイツの技術系メディアであるGQ Germanyの記者がApple Watch Series 5を実際に触ってみたところが以下のムービー。実際にSeries 5を腕に装着しながら、コンパスや常時点灯ディスプレイの様子を確かめています。


Apple Watchの次期OSであるwatchOS 6のパブリックベータ版に含まれていたデータから、Apple Watchにセラミック製とチタニウム製のモデルが登場すると報じられていましたが、これらのモデルがSeries 5に登場しています。

Apple Watchの新モデルにセラミック製とチタン製のモデルが追加されることが判明 - GIGAZINE


チタニウムモデルとセラミックモデルは「Apple Watch Edition Series 5」として登場。ステンレススチールの4倍以上という硬度が魅力のセラミックモデルはこんな感じ。


1つ1つが圧縮成形で作られているセラミックケースの色はホワイトのみ。


そしてApple Watch初のチタニウムモデルは、重量比強度はステンレススチールの2倍。ケースは銀色のチタニウムケースと、つや消し黒のスペースブラックチタニウムケースの2種類。


Apple Watch Edition Series 5は、ホワイトセラミックモデルから税別13万3800円から、チタニウムモデルが税別9万2800円から注文可能です。

・つづき
「iPhone 11 Pro&iPhone 11 Pro Max」の実機写真&ムービーまとめ - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
世界中で命を救いまくるApple Watchの新モデルとなる「Apple Watch Series 5」が登場 - GIGAZINE

iPhone 11/11 ProやApple Watch Series 5など新型端末&サービス詳細が発表されたApple Special Eventsまとめ - GIGAZINE

「iPhone 11 Pro/Pro Max」が登場、iPhone 11の上位モデルでトリプルレンズカメラ搭載 - GIGAZINE

Appleが新型iPhoneの「iPhone 11」を発表 - GIGAZINE

新型10.2インチiPadが登場、価格は約3万5000円から - GIGAZINE

無償でApple Watchの画面を交換可能なプログラムをAppleが発表 - GIGAZINE

Apple Watchの新モデルにセラミック製とチタン製のモデルが追加されることが判明 - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in ハードウェア,   動画, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.