試食

メロン風味のとろけるクリームがザクザクのクッキー生地に包まれた「メロンパンシュー」をビアードパパで買って食べてみた


ビアードパパが20周年を記念して、2013年に販売して大好評を博した「メロンパンシュー」を2019年9月1日(日)から期間限定で復活させています。ザクザクのクッキーがポイントのメロンパン生地の中にメロン風味のとろけるクリームを詰め込んだというメロンパンシューを、さっそく買って食べてみました。

季節限定イベントシュー: メロンパンシュー |シュークリーム専門店 ビアードパパ
https://www.beardpapa.jp/lineup/season.php

ということで、ビアードパパで季節限定メニューを購入してきました。


メロンパンシューの見た目は、ただただメロンパンそのもの。


全長123.8mmのiPhone SEと比べて直径はこのくらい。


高さはこんな感じです。


シューの表面はクッキー生地が覆っています。メロンパンには碁盤目状に切り込みが入ったものもありますが、メロンパンシューはひびわれのような、恐竜のたまごのような見た目。


生地を割ると、とろ~っとカスタードクリームがあふれます。


シュー生地は非常に薄いので、食べると口の中がとろりとしたカスタードで満ちていきます。表面のサクサクしたクッキー生地とカスタードの滑らかさの対比も絶妙。メロンパンは味にメロンの要素がないのがデフォルトですが、ビアードパパのメロンパンシューはメロン風味のとろけるクリームが閉じ込められており、ふわりと優しいメロンの香りが広がるのもグッドです。


また同日から期間限定で「ナッツ」も再登場しています。


全長はiPhone SEより少し長いくらい。


細長いシューの上にはその名の通りナッツがちりばめられています。


ナッツはメロンパンシューに比べてシュー生地が厚く、ざくざくした食感がポイント。クリームに対するシューの割合もメロンパンシューに比べて多いので、シュー生地やナッツの香ばしさが強く感じられます。クリームがメインだったメロンパンシューに対して、シュー生地がメインであることがよくわかります。どちらも違う魅力があるので2つまとめて食べたくなる組みあわせでした。


なお、メロンパンシューは2019年9月1日(日)から9月30日(月)までの期間限定販売で、価格は税込230円。ナッツは2019年9月1日(日)から11月30日(土)までの期間限定販売で、税込200円となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
焼きたてメロンパンにアイスを挟んだ「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」は予想をはるかに越えるコラボレーションでした - GIGAZINE

トトロの形のシュークリームが食べられる「白髭のシュークリーム工房」は物語の中に迷い込んでしまったようなお店でした - GIGAZINE

メロンパンではない「メロンパンケーキ」はどんな食べ物なのか?実際に試食してみました - GIGAZINE

隅までカスタードの詰まった四角いシュークリーム「シュー キュービック」を食べてみた - GIGAZINE

シュークリームの中のカスタードだけをソフトクリーム化した「ビアードパパ 特製カスタードソフト」試食レビュー - GIGAZINE

メロンパンのようなザクザク食感の「りくろーおじさんの店」の彩都の森店限定シュークリームを食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.