レビュー

消費税増税に伴う最大5%料金が戻ってくる「キャッシュレス決済ポイント還元制度」対象店舗をサクッと検索できる「キャッシュレス還元マップ」


2019年10月1日からの「消費税10%への増税」に伴って、経済産業省は、「キャッシュレス決済を使うと料金の最大5%分がポイントで還元される」という新たな制度を実施する予定です。しかし、この制度の対象となる店舗を調べるためには、3600ページもの「(PDFファイル)登録加盟店一覧」をチェックする必要があります。この手間を省き、ポイント還元制度対象店をサクっと検索できるサービス「キャッシュレス還元マップ」が登場しています。

キャッシュレス還元マップ:増税後にあなたの街で 2〜5%の還元がある店舗を探そう
https://content.zaim.net/cashless

キャッシュレス還元マップの公式ページはこんな感じ。キーワード検索とマップからの検索の2通りの検索方法が用意されています。


まずはキーワード検索から使ってみます。店舗名を入力して検索すると……


ポイント還元制度の対象となる店舗の「市区町村」「店舗名」「還元率」などが表示されます。


各検索結果の「詳細」をクリックすると……


「『市区町村名』プラス『店舗名』」でGoogle検索した結果が表示されます。


キャッシュレス還元マップのキーワード検索欄で「『市区町村名』プラス『店舗名』」といった複数キーワードの検索を行う場合、スペースは「OR」で認識されてしまう様子。「マクドナルド 千代田区」で検索すると、「マクドナルドの検索結果」と「千代田区の検索結果」が合わさった結果が出てきてしまいます。


特定の市区町村内の店舗を検索したい場合は、「地図で検索」を使います。地図上で東京都をクリック。


すると東京都の市区がズラッと表示されました。今回は「昭島市」をクリックします。


昭島市内のポイント還元制度対象店が一覧表示されます。


昭島市内のポイント還元制度対象店を表示させた状態で、検索欄に店舗名を入力すると……


その市区町村内でのポイント還元制度対象店舗を検索できます。


キャッシュレス還元マップはYahoo! ショッピングや楽天市場、その他の電子商取引(EC)サイトのポイント還元制度対象店を調べることも可能です。


なお、経済産業省が2019年9月中下旬に地図上に対象店舗を表示するウェブ機能やアプリを公表する予定です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
世界的に見た日本の消費税のランクや「軽減税率の疑問」がわかるまとめ - GIGAZINE

税金の無い島ケイマンに銀行口座を開けるか、実際に現地に行ってチャレンジしてみました - GIGAZINE

最も貧乏な人たちは最も裕福な人たちよりも税金の負担が大きいという研究結果 - GIGAZINE

窓やトランプ、果てはオシッコにまでかかった、古今東西のとんでもない税金いろいろ - GIGAZINE

「タンポン税は廃止すべき」という動きが世界的な広がりへ、「タンポンはぜいたく品ではない」という主張 - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in レビュー,   ネットサービス, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.