試食

ふわとろ玉子の牛とじが濃厚コッテリな味付けと絶妙ハーモニーな吉野家「月見牛とじ御膳」を食べてきた


2019年9月5日、吉野家が玉子を2個使ったふわふわ食感の牛とじの上にさらに生玉子を追加して玉子マシマシで堪能できる「月見牛とじ御膳」の提供を開始しました。吉野家では初だという「月見」メニューはどんな味わいになってるのか、実際に食べてきました。

吉野家、初となる“お月見”商品『月見牛とじ御膳』を9月5日から販売開始玉子を3つも使った秋の特製御膳
(PDFファイル)https://www.yoshinoya.com/wp-content/uploads/2019/09/04120551/news20190904.pdf

吉野家に到着。


目当ての月見牛とじ御膳がメニューの表紙を飾っていました。


さっそく注文後、数分で「月見牛とじ御膳」(並が税込630円、大が税込723円)が運ばれてきました。今回は並を注文しています。


スキレットに入って提供された牛とじには玉子が2個使用されています。


さらに別添の生玉子が1個と、玉子が合計で3個の贅沢メニュー。


今回は黄身を載せて「満月月見」にしてみます。セパレーターで黄身だけを分離して……


牛とじに載せるとこんな感じ。


食べてみると、醤油ベースに甘辛く味付けられた牛肉の脂のうま味とコクと、玉子の味わいが超濃厚。玉子は半熟部分も残っておりふわふわとろとろ、牛肉はかみしめるたびにその味わいがしみ出してきます。


「これにはご飯が必要だ……!」ということで急いでご飯を食べると、すき焼きの割り下のような濃いめの味付けの牛とじとご飯は相性抜群、ご飯を食べる手が止まりません。なお、吉野家では「定食・御膳は15時から23時まではご飯増量・おかわりが無料」というサービスを2019年4月1日から実施しているので、ご飯をたっぷり食べたい場合はその時間に足を運んでみることをオススメします。


牛とじはかなり濃いめの味付けですが、箸休めに大根おろしやお新香などもついてきているので、口の中を適時さっぱりすることもできます。


「月見牛とじ御膳」は2019年9月5日より一部店舗を除く全国の吉野家で食べられます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「とろろの滝」がコッテリ豚バラ肉とジューシー唐揚げを分かつ「豪快 唐揚げ塩すた合盛り丼」を伝説のすた丼で食べてきた - GIGAZINE

肉が通常の3倍で山盛りな松屋の「お肉どっさりグルメセット」を食べてきた - GIGAZINE

巨大つくねと炭火の焼き鳥が食欲をそそりまくる「黄金つくねと炭火焼き鶏重」試食レビュー - GIGAZINE

チキンカツにから揚げを「タレ」としてぶっかけた揚げ物オン揚げ物な「生姜からあげだれのチキンカツ丼」をかつやで食べてみた - GIGAZINE

完全にお好み焼きな味わいの丼にキムチ・チーズがさらにトッピングされた「お好み牛玉丼キムチーズMix」をすき家で食べてきた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.