サイエンス

月の裏側で「謎のゲル状物体」が発見される


月も地球と同様に自転していますが、自転の周期が公転の周期と同じため、地球に対して常に同じ方向を見せており、地球から月の裏側を見ることは決してできません。そんな月の裏側に送りこまれた探査機から、謎の物体を発見したとの報告が送られてきたことが判明しました。

玉兔二号驾驶日记 ⑥ | 这个月昼有干货
https://mp.weixin.qq.com/s/kBNxLdTNXC8dDQrPfR-GuQ

China's Lunar Rover Has Found Something Weird on the Far Side of the Moon | Space
https://www.space.com/china-far-side-moon-rover-strange-substance.html

Weird 'Gel-like' Substance Found on Moon by China's Lunar Rover Yutu-2
https://www.newsweek.com/gel-like-subsance-moon-china-rover-1457179

2019年1月には中国の無人探査機「嫦娥4号」が世界で初めて月の裏側に着陸したと報じられており、嫦娥4号に搭載された月面探査ローバー「玉兎2号」の活躍が期待されていました。

中国の無人探査機「嫦娥4号」が世界で初めて月の裏側に着陸 - GIGAZINE


2019年7月、玉兎2号が強烈な太陽光の放射による高熱からセンサーを守るためスリープモードに入ろうとしたところ、プロジェクトチームのYu Tianyi氏が付近のクレーターに「奇妙な色をしたゲル状の物体」を発見。任務予定を変更し、ギリギリまで玉兎2号を稼働させてクレーターの写真を撮影しました。

玉兎2号が撮影した写真が以下の画像。赤枠で囲った部分にクレーターらしきものが映っているのが分かりますが、特に変わった物体は見えません。


プロジェクトチームは目下、玉兎2号に搭載している近赤外線センサーなどのデータから、物質の解析を進めているとのことです。イギリスのオープン大学に勤める惑星科学者のマヘシュ・アナンド氏は「月面にゲル状に見えるようなものがあるとすれば、それは隕石の衝突により生じた微細な火山ガラスではないか」と述べています。

また、アナンド氏は「これは非常に興味深い発見です。というのも、小さなクレーターで火山ガラスが発見されたということは、月面にある通常の物質とは異なるものが表層に存在している可能性を示唆しているからです」と述べています。

玉兎2号が撮影した別の写真には、車幅とほとんど変わらない大きさのクレーターが映っています。


アナンド氏はさらに、「もし、この物質が月にある氷との相互作用を受けたことが判明すれば発見はさらに重要なものになるでしょう」とコメントし、今回の発見が「月に氷がある」との考えを補強するものになるとの期待を示しました。

なお、2019年8月には数千匹のクマムシを載せた探査船が月面に墜落していたことが報じられています。もし月面に氷が存在するのであれば、月に放たれた大量のクマムシが月面で生命活動を続けて繁殖する可能性も考えられます。

月面に墜落した月探査機に数千匹のクマムシが乗っていたことが発覚、月面で繁殖する可能性も - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
月面に墜落した月探査機に数千匹のクマムシが乗っていたことが発覚、月面で繁殖する可能性も - GIGAZINE

2000兆トンもある超巨大な金属塊が月の裏側に眠っているという報告 - GIGAZINE

月の裏側に電波望遠鏡を設置することにどんなメリットがあるのか? - GIGAZINE

「裏側から見た月全体と地球」の写真、中国の月探査用小型衛星が初撮影 - GIGAZINE

2024年までに人類を再び月面に送る「アルテミス計画」をNASAが発表、史上初となる女性の月面到達も目指す - GIGAZINE

45年以上人類が月面に足を踏み入れてこなかった理由とは? - GIGAZINE

中国の無人探査機「嫦娥4号」が世界で初めて月の裏側に着陸 - GIGAZINE

アポロ10号が月の裏側で外宇宙から謎の音を受信していたことが判明 - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.