試食

ガツンとピリ辛ラー油が蕎麦を引き立てる「俺たちのガッツ飯 汁なしラー油まぜ蕎麦」を食べてみた


エースコックから「俺たちのガッツ飯」シリーズ第3弾である「爆汗 ナポリタン風まぜそば」に続き、第4弾となる「俺たちのガッツ飯 汁なしラー油まぜ蕎麦」が2019年8月26日(月)に登場しました。太麺の蕎麦にピリ辛のラー油を効かせた食べ応えのありそうな一品をさっそく食べてみました。

俺たちのガッツ飯 汁なしラー油まぜ蕎麦|商品情報|エースコック株式会社
https://www.acecook.co.jp/products/detail.php?id=1006

「俺たちのガッツ飯 汁なしラー油まぜ蕎麦」のパッケージはこんな感じ。


拳を握りしめた「俺たちのガッツ飯」のマークがデザインされています。


高さ約143mmのiPhone XSと比べるとこのくらいの大きさ。


1食あたり625kcalとなっています。


原材料名はこんな感じ。たれはカツオブシエキスやガーリックペーストが入ったしょうゆベースとなっています。


まずは「B」と書かれたところまでふたを開けます。


ふりかけと調味たれは取り出しておきます。


お湯を入れて……


5分待ちます。


5分たったので湯切り口を開け、お湯をしっかりと切ります。蕎麦の香りがふわっと漂ってきました。


まず調味たれをかけ、麺をよくまぜます。ラー油の強い香りで蕎麦の香りは消えてしまいました。


たれの色は赤黒く、麺の色があっという間に変化します。


ふりかけを入れれば完成。


ふりかけにはごま、ねぎ、焼のりが入っており、ねぎとごまの香りがラー油の匂いと合わさって食欲をそそります。


太麺の蕎麦はもちもちとした食感で食べ応えあがり、カリカリのごまがいいアクセントになっています。のりとラー油の風味が、ニンニクで濃いめに味付けられたしょうゆベースのたれとマッチしており、ラー油は蕎麦の香りを殺すことなく、太麺の蕎麦をかむとしっかりと蕎麦の風味が感じられます。ラー油のピリッとした辛みはありますが、舌がしびれたり唇が腫れてしまうほどの辛さではないので激辛が苦手な人でも食べられる辛さになっていました。


「俺たちのガッツ飯 汁なしラー油まぜ蕎麦」は2019年8月26日(月)から全国の小売店で購入でき、価格は259円(税込)です。Amazon.co.jpでは記事掲載時点で、12個セットが3045円(税込)で購入可能となっていました。

Amazon | エースコック 俺たちのガッツ飯 汁なしラー油まぜ蕎麦 147g ×12個 | エースコック | そば 通販

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
現代人に不足しがちな栄養素を簡単に摂取できる完全栄養食「All-in NOODLES」カップ全3種を食べてみた - GIGAZINE

45年間も物理的に受け継がれるスープの秘密とは? - GIGAZINE

ベトナム版食べるラー油、かけるだけでエビのうま味とスパイスが楽しめる「SATE TOM(サテ・トム)」をいろいろな料理にかけて食べてみた - GIGAZINE

最寄りの二郎系ラーメン店が一目で確認できるマップが登場、二郎ヒートマップ機能も - GIGAZINE

西川口の「ニューチャイナタウン」には受け止めるしかない現実があった - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.