動画

CIAがアルカイダのメンバーに行った水責め・監禁・暴力といった拷問を世に出した上院職員の戦いを描く「The Report」予告編公開


一週間以上にわたって睡眠を奪い、全裸で監禁、水責め、直腸から補水や栄養補給をさせるなどの拷問をCIAがアルカイダの容疑者に対して行っていたことが、2014年に明らかになりました。政府とCIAが闇に葬ろうとしたこれらの情報を世に公開したアメリカ上院職員の想像を絶する戦いが描かれる「The Report」予告編がYouTubeで公開中です。主演は「スター・ウォーズ」シリーズでカイロ・レンを演じたアダム・ドライバーです。

The Report - Teaser Trailer - YouTube


9.11の後、誰もが同じことが起こると恐れている」


映し出されたのは大統領首席補佐官のデニス・マクドノー(演:ジョン・ハム)の執務室。


舞台はワシントンD.C.


物語の主人公はアメリカ上院議会職員のダニエル・ジョーンズ(演:アダム・ドライバー)です。


ドライバーは上司である女性に「CIAがアルカイダの政治犯たちのテープを抹消した」ということを告げられます。


問題のテープは火の中に投げ込まれた模様。


テープの中には何が収められていたのか、なぜテープは破棄されたのかを調査するのがジョーンズに割り当てられた仕事です。


そしてジョーンズが訪れたのは厳重にロックされた部屋。


デスクとコンピューター以外には何も見当たりません。「紙はないの?」と尋ねるジョーンズに……


スタッフは「我々の世界では、紙はトラブルを招くから」


それに対しジョーンズは「私たちの世界では法律を守るために紙を使うんだ」と返します。


調査を進めていくジョーンズ。


徐々にCIAの尋問の実態が明らかになっていきます。


薄暗い部屋でモニターを見つめる4人。


4人が見つめているまさにそのモニターに、尋問の様子が映し出されています。


「政治犯24」は183回も水責めにあったとのこと。映像では男のうめき声が響きます。


「だが奴から得た情報は全てうそか、既に知っている内容だった」


いたるところに散らばる水の容器が拷問の激しさを物語っています。


「なぜ水責めが有効なら、183回も行う必要があったの?」


「たぶん183回行うことで有効だと分かったんだ」


しかし、調査報告に対しては……


「ここに書かれている内容には賛同しないな」という声や……


「アメリカは拷問を行わない」という主張ばかり。


調査で明らかになっていった真実は膨大な量に。


ホワイトハウスでは……


文章が黒く塗りつぶされていきます。


ダニエルの身にも危険が……。


「彼らは文書を削除できない。じゃあ、その次に削除すべき最善のものは何か?君だ」


「彼らは命を救ったと言った」


「だが真実は、大量殺人を起訴できないようにしたんだ!」


「なぜなら彼らにやったことが法廷で明らかになれば全てが終わるからだ」


「その男が9.11を実行した」


「これは葬られるべきことじゃない」


「アメリカの命を救うためだ」


「まるで見当違いだよ」


「民主主義はクソだ」


The Reportは2019年11月15日から全米公開予定で、Amazonプライム・ビデオでは2019年11月29日(金)から配信予定となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
パリ同時テロを生き延びた「イーグルス・オブ・デス・メタル」が「あの時何があったのか」を語る約30分のインタビュー映像公開 - GIGAZINE

フランスのトラックテロで80人死亡のまさにその瞬間を撮影したムービーまとめ - GIGAZINE

身の毛もよだつインド同時多発テロの標的となったホテルでは何が起こっていたのか?を描いた映画「HOTEL MUMBAI」 - GIGAZINE

「9.11」で世界貿易センターの崩落に巻き込まれる瞬間を間近で撮影しブラックアウトするムービーが公開中 - GIGAZINE

テロよりも怖い「1日10人以上を殺す」インドの穴問題とは? - GIGAZINE

in 動画,   映画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.