モバイル

Appleがトリプルカメラ搭載の新型「iPhone Pro」など各種新型プロダクトを間もなく発表か


2019年9月10日に正式発表が予想されている新型iPhone・iPad・Apple Watch・AirPodsなどの詳細なリーク情報をアメリカの大手ニュースメディアBloombergが報じています。

iPhone 11, New iPad Pro, 16-inch MacBook Pro, AirPods 3 Features - Bloomberg
https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-08-22/iphone-11-new-ipad-pro-16-inch-macbook-pro-airpods-3-features

Bloomberg: iPhone 11 will take better low light photos, multi-angle Face ID, new iPads coming, cheaper HomePod in 2020 - 9to5Mac
https://9to5mac.com/2019/08/22/bloomberg-apple-iphone-11-more/

新型iPhoneは、iPhone XSとiPhone XS Maxの後継モデルで「Pro」の名前で登場する2モデルと、iPhone XRの後継モデルの合計3種が存在する模様。iPhone Proは背面に広角レンズを含む3つのレンズを備えており、広角や暗所撮影がより進化しており、強化されたビデオ撮影機能では、リアルタイムでのレタッチ・エフェクトの適用・色補正・トリミングなどが可能とのこと。タッチスクリーン側の外観は従来型と同様の見た目ですが、背面の一部がつや消し仕様になって耐久性が向上するそうです。

また、リーク情報によると新型iPhoneは新機能としてAirPodsにワイヤレス「給電」することが可能となります。2015年にiPhone 6s/6s Plusに初めて搭載された3D Touch機能は非採用で、タッチスクリーンはiPhone XRが搭載している「Haptic Touch」に置き換わると予想されています。他にも従来モデルから改良された機能して、Face IDは認識される角度が広がり、耐水性は従来モデルよりも30分延長されるとのこと。新型iPhoneは3種全てでA13プロセッサを搭載しており、「AMX」「マトリックス」というコンポーネントを活用して、メインチップを介さずに一部の計算を実行できるそうです。なお、これまでのウワサ通り第5世代移動通信規格(5G)には対応していないとのこと。


Bloombergによると、新型iPadは、10.2インチ画面の学生向けローエンドモデルと、11インチ・12.9インチの改良型iPad Proの3種が登場予定。Apple Watchはセラミックとチタン製の新モデルが登場するとのこと。

Apple Watchの新モデルにセラミック製とチタン製のモデルが追加されることが判明 - GIGAZINE


MacBookシリーズには16インチ以上のディスプレイを搭載した新型MacBook Proが登場予定で、この新型MacBook Proはベゼル部分がスリムになっており、より大きなディスプレイを備えながらも、現行の15インチモデルに近いサイズになっているそうです。

また、AirPodsやHomePodなどのオーディオ関連製品も改良版がリリース予定。AirPodsはノイズキャンセル機能を搭載して耐水仕様となった新型モデルが、HomePodは安価モデルがそれぞれ2020年に発売予定とのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
2019年の「iPhone 11」は3モデル展開、3D Touch廃止でTaptic Engineが「Leap Haptics」に進化 - GIGAZINE

iPhoneの5G対応は2020年&ディスプレイサイズも変更になると有名アナリストが予測 - GIGAZINE

2019年登場の「iPhone XI/XI Max」のレンダリング画像&ムービーがリークされる - GIGAZINE

2019年登場の「iPhone 11」はトリプルカメラ&Wi-Fi 6対応などこれまで明らかになっている情報まとめ - GIGAZINE

次期「iPhone 11」の予想ムービーが秀逸すぎてApple公式のような説得力 - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.