試食

完全にお好み焼きな味わいの丼にキムチ・チーズがさらにトッピングされた「お好み牛玉丼キムチーズMix」をすき家で食べてきた


2019年8月21日(水)、すき家が特製からしマヨとオタフクソースのお好みソースをかけて仕上げたお好み焼き風牛丼の「お好み牛玉丼」にキムチとチーズをさらにトッピングした「お好み牛玉丼キムチーズMix」の提供を開始しました。お好み焼き味の牛丼にキムチ・チーズを合わせると一体どんな味わいになっているのか、実際に確かめてきました。

『お好み牛玉丼』『お好み牛玉丼キムチーズMix』8月21日(水)朝9時より販売 | すき家
https://www.sukiya.jp/news/2019/08/20190819.html

さっそくすき家に到着。


店頭には今回のメニューをアピールする垂れ幕が掛かっていました。


席について注文後、数分で「お好み牛玉丼キムチーズMix」(並盛税込680円)が運ばれてきました。お好み牛玉丼キムチーズMixはミニ(税込620円)・中盛(税込810円)・大盛(税込810円)・特盛(税込960円)・メガ(税込1110円)からサイズを選択可能。


お好み牛玉丼キムチーズMixは、過去にも提供されていたお好み牛玉丼の上にキムチ・チーズをトッピングしたトリプルトッピングとなるメニューです。トリプルトッピングはすき家の37年の歴史の中で初とのこと。また、お好み牛玉丼も同日から提供開始しています。


頂点にはキムチ、側面にはチーズがトッピングされています。


別皿でトッピングのたまご・かつおぶし・青のりが付いてきます。


たまごは器具を使って黄身だけにすることも可能。


たまご・かつおぶし・青のりをトッピングするとこんな感じ。たまごは黄身だけを投入したところ、落下時に形が崩れてしまいました。


お好み牛玉丼の部分はこんな感じで、すき家特製からしマヨとオタフクソースのお好みソースが牛丼にたっぷりかかっています。


実際に食べてみると、ソース・からしマヨ・青のり・かつおぶしにシャキシャキ食感のキャベツのコンビネーションが完全にお好み焼きの味わいで、「お好み焼き生地じゃなくて米だけど、これはお好み焼きだ……」と不思議な気分になります。キムチ・チーズはそれぞれの風味をしっかりと感じられ、アクセントとしてお好み焼きの味わいに変化をつけています。


甘辛く味付けられた牛肉とお好み焼き味の相性は抜群で、ついつい食べる手が止まりません。ソースは下のご飯にたっぷり染みこんでおり、お好み焼きの味わいを堪能できる丼でした。


「お好み牛玉丼」「お好み牛玉丼キムチーズMix」は2019年8月21日(水)から10月中旬までの期間限定ですき家全店で購入可能です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
吉野家史上初のサーロインを使った「特撰すきやき重」が数量限定で登場したので食べてみた - GIGAZINE

中毒者続出「ごろチキ」が濃厚バターチキンカレーとして登場した松屋「ごろごろチキンのバターチキンカレー」試食レビュー - GIGAZINE

たっぷりのナス&ひき肉入り麻婆で麺がズルズル進む「麻婆茄子炸醤麺」を餃子の王将で食べてきた - GIGAZINE

吉野家幻のメニュー「牛キムチクッパ」が9年ぶりに復活したので食べてきた - GIGAZINE

ピザ×親子丼がとろけるチーズで融合したなか卯「親子丼イタリアン」は親子丼の新たな可能性を感じさせる一品 - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.