生き物

猫をなめることで親密度アップを狙う「LICKI Brush」に効果はあるのか?


「猫同士は舌でなめ合うグルーミングで親密さを増すのに、人間はグルーミングの輪からはじき出され、せいぜい猫から一方的になめられるだけだ……」という問題を解決すべく、人間も猫にグルーミングを行えるようにする「LICKI Brush」が開発されました。LICKI Brushは実際に猫との絆を深める効果があるのか?ということで、その実用性が確かめられています。

licki - PDXPETDESIGN.COM
https://pdxpetdesign.com/licki/

LICKI Brushは人間の舌に取り付け、猫にグルーミングすることで、猫との関係をぐっと親密にできるというアイテム。クラウドファンディングプラットフォームのKickstarterで出資を募り、5万2000ドル(約550万円)以上を集めて製品化しました。価格は25ドル(約2600円)です。

LICKI Brush - PDXPETDESIGN.COM
https://pdxpetdesign.com/product/licki/


猫は社会的な絆を強くする方法の1つとして舌で相手をなめるグルーミングを行いますが、人間はこのグルーミングの輪から外れている……ということで、開発されたのがLICKI Brushです。「母猫が子猫と絆を結ぶように、あなたも猫と親密な関係を築くことができる」と開発者らは述べています。


これがLICKI Brush。食品グレードのシリコン製で、猫の繊細な皮膚に喜びを与えられる設計になっているとのこと。洗浄は水と石けんで行えばOKです。


暗闇で光るので……


深夜に猫が甘えてきても、電気をつけることなくLICKI Brushを探しだし使うことが可能とのこと。


実際に猫とグルーミングを行っている様子は以下のムービーから確認できます。

Official LICKI Brush Kickstarter Video ^_^ - YouTube


実際に、このLICKI Brushを使ってみたのがTheAtlanticのライターであるDavid A. Grahamさん。

Does My Cat Want Me to Lick Her Back? - The Atlantic
https://www.theatlantic.com/science/archive/2019/07/does-my-cat-want-me-lick-her-back/594988/

AmazonでLICKI Brushを購入したGrahamさんが固い4インチ(約10センチ)の舌を見て最初に思ったのは「昔のスパイク付きバスケットボールシューズのよう」というものでした。LICKI Brushの裏には飼い主がくわえる突起がついていますが、これは大きなマウスガードのようだとのこと。


Grahamさんの飼い猫のネリーはブラシがけを嫌っていたことから、LICKI Brushを使うことでネリーに噛まれたり引っかかれたりするのではないか?と思っていたそうですが、実際にはそのような事態にはなりませんでした。ネリーは最初、Grahamさんが装着したLICKI Brushの匂いをかいでいたそうですが、数分経つと、体を丸めて目を閉じながらLICKI Brushによるグルーミングを受けはじめたそうです。ネリーは背中や尻尾をグルーミングされることを好み、幸せそうに鳴き声を上げ始たとのこと。

一方で、LICKI Brushのマウスピースを数分間ホールドすると顎が痛くなり、口の中に唾液がたまって不快さが感じられたとのこと。また口の中に猫の毛が入り込むことはありませんが、鼻や目の中には入り込み、猫も飼い主も心地良い状態で数分間グルーミングができる体勢は見つからなかった、とGrahamさんは記しています。ただし、Grahamさんによると、飼い猫の性質によって心地よさを感じるかどうかも異なり、猫に嫌がられる人もいれば、「誰が笑おうと猫が愛してくれるからLICKI Brushを使い続ける」と語る人もいたそうです。

カリフォルニア大学デービス校の研究者であるMikel Maria Delgado氏は「グルーミングによって猫は絆を強くする」という点に同意しつつつも、「1998年の研究ではグルーミングの3分の1が敵対行動に終わることがあると示されている」と指摘。仲の良い猫同士でもグルーミングには許容量があり、LICKI Brushを使ったグルーミングが猫を不快にさせる可能性も十分にあると示されています。

by Paul Hanaoka

Grahamさんの飼い猫であるネリーはLICKI Brushによるグルーミングを非常に喜んでいたことから、首や顎の痛みを感じつつもしばらくはネリーに対してグルーミングを行っていたGrahamさんですが、最終的には痛みに屈してLICKI Brushを手で使い始めたそうです。しかし、これに対してもネリーは心地よさを示したことから、「LICKI Brushは絆を強くするのに効果的なツールである。例えLICK(なめる)という動作が伴わなくとも」とGrahamさんは結論付けています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
学者の飼い猫がテレビのインタビューに乱入、完全に画面の主役を奪うムービーが話題に - GIGAZINE

どのようにネコをなでると嫌がられないのか? - GIGAZINE

「ネコが獲物を捕らえてきた時だけ」ネコ用のドアをロックするシステムを開発した男性 - GIGAZINE

ネコが不可解な行動を取るのはサイコパスだからではなく飼い主の性格を反映した結果かもしれない - GIGAZINE

ネコはちゃんと自分を気にかけてくれる人になつく - GIGAZINE

in 生き物,   動画,   デザイン, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.