映画

エマ・ワトソンら出演で4姉妹の人生を描く映画「Little Women(若草物語)」予告編公開


エマ・ワトソンシアーシャ・ローナンが出演する映画映画「Little Women(若草物語)」の予告編が公開されました。監督は「レディ・バード」でアカデミー賞にノミネートされたグレタ・ガーウィグで、ディテールに凝った衣装は「美女と野獣」や「アンナ・カレーニナ」のジャクリーヌ・デュランが担当しています。

LITTLE WOMEN - Official Trailer (HD) - YouTube


物語は19世紀後半のアメリカが舞台。マーチ家の4人姉妹の次女であるジョー(演:シアーシャ・ローナン)が、過去を振り返る形で進みます。


「これは私の、私の姉妹の人生の物語」


大人になり物語を出版社に持ち込んだジョーは「話は短く、刺激的でなければならない。メインキャラクターは女性で、彼女は物語の最後で結婚するんだ」と告げられます。


物語を構成するのは、美しく保守的な長女のメグ(演:エマ・ワトソン)


「マーチ家の息子」と自らを称するほどボーイッシュな性格の次女ジョー


内気ですが音楽の才能を秘めた三女のベス(演:エリザ・スカンレン)


そして生意気盛りの四女エイミー(演:フローレンス・ピュー)


エイミーは絵が得意で……


「世界で最も優れた画家になるの」と姉妹たちの前で宣言しています。


仲の良い4人はすぐにケンカしたり、仲直りしたり。


少女の頃から、ジョーは「自分自身で人生を作ること」を目標にしてきました。


しかし、未亡人のマーチおば(演:メリル・ストリープ)には「女性は結婚しないと」とたしなめられます。


「あなたも結婚していない」とジョーが返すと……


「私は金持ちだからよ」


舞踏会の場で……


ジョーは一人の男性と出会います。


建物を抜け出し、外に出て2人だけでダンス。


ジョーが天真爛漫ということもあり、「あなただけが家族の希望よ」と期待をかけられるのは四女のエイミー。


その言葉通り、エイミーは男性と結婚へ。


保守的な姉に対し、ジョーは「今すぐここを出て。私は作家に、あなたは女優になるべき。あなたの人生は舞台の上にある」と説得しますが……


メグはジョーに「あなたと私の夢が違うからといって、どちらかの夢が重要じゃないわけじゃない」と告げ、男性と結婚する選択をします。


夢と現実の間で葛藤するジョー。


しかし、作家になる夢を諦めず物語を書き続け……


ついに舞台に。


「女性には心があるけど、それと同じで考えや魂もある」


「偉大になれなれけば、何にもなりたくない」と語るエイミー。


一人静かにピアノを弾くベス。


「女性には美しさだけでなく、才能や、野心がある」


「愛だけが全てだと言われるのにはうんざり」


なお、本作は2019年12月25日に全米公開予定で、日本での公開日は記事作成時点で不明です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
90年前に「女性が芸術を創造するには定収入と1人の時間が不可欠」と主張した女性小説家 - GIGAZINE

女性が書いた本は男性の本の半分の値段で売られているという実態が明らかに - GIGAZINE

Googleでは同じ仕事内容でも女性の方が男性より多くの給料を受け取っていたと判明 - GIGAZINE

最も幸福度が高いのは「未婚かつ子どものいない女性」 - GIGAZINE

ミステリーの女王アガサ・クリスティの生涯にまつわる謎とは? - GIGAZINE

in 動画,   映画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.