試食

ピリ辛が野菜ととんこつのうま味とコクを増幅させるエースコック「タテロング リンガーハットのピリカラちゃんぽん 期間限定3辛」を食べてみた


長崎ちゃんぽん専門チェーンのリンガーハット監修シリーズとして、2019年8月5日(月)からエースコック「タテロング リンガーハットのピリカラちゃんぽん 期間限定3辛」が登場しています。「3辛」レベルのピリ辛な味わいを堪能できる一品になっているとのことなので、暑い夏に負け気味な食欲を奮い立たせるべく、実際に食べてみました。

国内外で650店舗以上展開する「リンガーハット」監修シリーズ“3辛”レベルのピリカラな味わいが暑い夏にも食欲をそそる!リンガーハットのピリカラちゃんぽん期間限定3辛2019年8月5日新発売
(PDFファイル)https://www.acecook.co.jp/news/pdf/1907_TLRAH.pdf

これが「タテロング リンガーハットのピリカラちゃんぽん 期間限定3辛」


パッケージのフタにはリンガーハットのシンボルマークの赤いとんがり屋根があしらわれています。


リンガーハットの店舗で食べられるピリカラちゃんぽんの標準の辛さは2辛ですが、今回の「リンガーハットのピリカラちゃんぽん」は3辛となっており、1段階上の辛さを楽しめます。


原材料名には豆板醤の文字があり、これが辛さの役割を担っている模様。


カロリーは1食89gあたり383kcal。


パッケージを開けると、特製ペーストの袋が入っていました。


熱湯を入れて……


待ち時間は長めの5分。


5分経過後、特製ペーストを投入。


よくかき混ぜて完成。


ちゃんぽんスープの表面に真っ赤な豆板醤が目立ちます。


まずはスープから飲んでみると、「3辛」の名に恥じないほどの辛さで、スープをゴクッと飲み込むと喉がカーッと熱くなってきます。そして、その辛さの中にとんこつと野菜のコクとうま味もしっかりと感じられました。


麺は表面はモチモチよりもさらに柔らかいような食感ですが、噛むとギュッと詰まっているような固めの弾力を感じます。野菜はリンガーハットにならって国産のものを使用しているとのことで、キャベツのシャキシャキとした食感がちゃんぽん感を増幅します。一方で野菜は本家リンガーハットに比べて少なめなので、よりジャンクな印象でした。


エースコック「タテロング リンガーハットのピリカラちゃんぽん 期間限定3辛」の希望小売価格は220円。2019年8月5日から期間限定で全国のコンビニエンスストア・スーパーマーケットなどの小売店で購入可能です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ほぼ無色透明なのにカレー味という「スーパーカップ1.5倍クリアテイスト ほぼ透明な!?スパイスカレー味ラーメン」のカレー度合いを確かめてみた - GIGAZINE

チキンラーメンと牛脂・豚骨を組み合わせた「チキぎゅー」「チキとん」を食べてみた - GIGAZINE

たっぷりのナス&ひき肉入り麻婆で麺がズルズル進む「麻婆茄子炸醤麺」を餃子の王将で食べてきた - GIGAZINE

あっさりだけど香る罪悪感低めのカップ焼きそば 「日清焼そばU.F.O.ペロリ」が新登場したので食べてみた - GIGAZINE

大量の唐辛子が浮かぶ鍋にかわいい悪魔がみるみる溶けていく「激辛!小悪魔鍋」「超激辛!デビル鍋」を食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.