サイエンス

宇宙飛行の最大の危険は宇宙船を貫通し脳を破壊する「銀河宇宙線」

By cookelma

SFなどで描かれる宇宙飛行時のトラブルとは、宇宙船の故障やエイリアンの襲撃などがほとんどです。しかし、カリフォルニア大学アーバイン校の研究チームは「銀河宇宙線」と呼ばれる放射線が宇宙飛行の最大の危険になり得ると実験で示しました。

New concerns for neurocognitive function during deep space exposures to chronic, low dose rate, neutron radiation | eNeuro
https://www.eneuro.org/content/early/2019/08/05/ENEURO.0094-19.2019

Astronauts' brains are subject to long-lasting damage due to low dose space radiation
https://theconversation.com/astronauts-brains-are-subject-to-long-lasting-damage-due-to-low-dose-space-radiation-121407

NASA Mars Mission: Radiation Tests Reveal "Unexpected Potential Problems" | Inverse
https://www.inverse.com/article/58317-nasa-mars-2020-mission-deep-space-radiation

「銀河宇宙線」とは、原子が電子を置き去りにして原子核だけとなって加速したものです。銀河宇宙線は太陽系外の天の川方面から飛来し、地球から遠く離れた深宇宙では銀河宇宙線に被爆する危険性があると考えられています。銀河宇宙線の問題点とは、「宇宙船や宇宙服では防ぐことができない」ということ。そのため、深宇宙にいる生物は銀河宇宙線に常にさらされてしまいます。

研究チームは、銀河宇宙線が生物に与える影響をシミュレートするため、銀河宇宙線に似た低線量放射線を6カ月間マウスに照射するという実験を行いました。

By PetlinDmitry

6カ月後、マウスの行動を調査したところ、低線量放射線を照射されたマウスは、他のマウスを避けるようになっただけではなく、新しいオモチャを認識したり古いオモチャが移動したことを理解したりするのに時間がかかるようになり、苦痛にもだえるような行動が見られるようになったそうです。この結果は、低線量放射線がマウスの認知能力に負の影響を与え、学習障害・記憶障害が生じたことを示唆しています。

研究チームがマウスの脳のニューロンを調べたところ、ニューロンが正常に機能していないことが発覚。ハッキリとした原因は特定できなかったそうですが、研究チームはニューロン自体が微細に損傷しているか、ニューロン同士の接続が完全に壊れているかのどちらかだと推測しています。

By Rawpixel

研究チームは、「この実験結果は本物の宇宙飛行における銀河宇宙線の影響を完全に再現したものではない」としながらも、今回のマウスにおける実験結果を人間に当てはめた場合、「火星に5人の宇宙飛行士を送り込むと、そのうち1人は認知機能に重大なダメージを受けるだろう」と結論づけています。

なお、銀河宇宙線は地球の大気と磁場で防がれるので、地球上では銀河宇宙線にさらされる危険性はありません。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
火星への旅が危険にあふれていることを示す7つの理由とは? - GIGAZINE

宇宙と地上に分かれて1年間過ごした双子の宇宙飛行士の体にはどんな違いが出るのか - GIGAZINE

「火星に基地を作る」ことがいかに最悪のアイデアで大きな可能性を持つのかをアニメーションで解説 - GIGAZINE

「火星移住者は赤ワインを飲むべし」という実験結果 - GIGAZINE

触れるだけで惑星が崩壊するといわれる「宇宙で最も危険な物質」とは? - GIGAZINE

長い宇宙旅行は搭乗者の胃を破壊してガンを引き起こすことがNASAが関連する研究で明らかに - GIGAZINE

長期間の宇宙旅行に人間の体は耐えることができるのか? - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.