取材

柔肌とあどけなさが光るFGO「英霊旅装アビゲイル・ウィリアムズ」、ZBrushや3Dプリンターなどを駆使


ワンダーフェスティバル2019[夏]で創設20周年を迎えるワンダーフェスティバル公式レーベル「ワンダーショウケース」に選出される作品はディテールにこだわった作品だけでなく、キャラクターの持つ魅力が存分に引き出された作品ばかりでした。

WSC#100 雨谷怜氏作、「Fate/Grand Order」から「英霊旅装 アビゲイル・ウィリアムズ



大きさは1/7スケールの全高230mmとなっています。


Fate/GrandOrderの稼働3周年を記念したイベント「FGO Fes. 2018 ~3nd Anniversary~」にて公開されたイラストをモデルとしており、雨谷怜氏は英霊旅装のアビゲイル・ウィリアムズを見た瞬間に心を打たれ、フィギュアを作る決意をしたとのこと。


元になったイラストよりも幼げにデザインされており、柔らかそうな頬が印象的です。


ぬいぐるみの「ユーゴ」やジャケットの模様も細かく再現されています。


すらりと伸びた脚の先には、リボンのついた赤のパンプス。


3Dプリントの原型も公開されていました。


雨谷怜氏はフィギュアを製作する際「Maya」でフィギュアの大まかな造形を決め、「ZBrush」でディテールを仕上げているとのこと。


元となったイラストに描かれていない部分をどう表現するか」に随分悩まされたそうですが、「いまできる最高のモノを」という気持ちを胸に作品を完成させたそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ワンダーフェスティバル 2019[夏]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

誰でもハサンになってアサシンとして聖杯戦争に繰り出せる仮面が登場 - GIGAZINE

Fateシリーズの最新TVアニメ「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-」の制作スタッフが語るトークイベントレポート - GIGAZINE

Fate/Grand Orderから月下の禍々しい人斬り以蔵が美麗に立体化 - GIGAZINE

Fateシリーズのジャンヌ・ダルク&モードレッドを立体化した「ジャンヌ・ダルク&モードレッド TYPE-MOON Racing Ver.」は商業の本気を感じさせるハイクオリティ - GIGAZINE

in 取材,   ゲーム, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.