取材

「ダンジョン飯」の食事シーンを再現したマルシル&チルチャック立体化がまさに危険と隣り合わせ


ハルタで連載されているファンタジー漫画「ダンジョン飯」のマルシルチルチャックが、塗装不要の組み立てるだけでキャラクターを再現できるお手軽ガレージキット「キャラグミン」になってワンダーフェスティバル2019[夏]に登場しました。

ボークスのブースにやってきました。


ダンジョン飯シリーズのキャラグミンは、マルシルとチルチャックが加わり計4体。マルシルは顔パーツが2種付属しています。


すでに発売されている「ライオス・トーデン」と「センシ」も展示されていました。センシがさばいているのは「歩き茸」。


マルシル、チルチャックはそれぞれ6200円(税別)で、2019年7月28日発売とのこと。


ファンタジーの世界観が持つ雰囲気をそのままに、衣服や装飾品も丁寧に塗装されています。


魔物を食べることに抵抗のあるマルシル。不安そうな表情を浮かべエルフ特有の長い耳も下がり気味です。


食べているのはダンジョン飯1巻の第1話で食べた「大サソリと歩き茸の水炊き」でしょうか。


チルチャックは少々ニヒルな笑みを浮かべた表情。宝箱の上に座っています。


一見和やかな食事風景ですが……


宝箱から忍び寄るのはダンジョン飯2巻で登場する魔物、ミミック。ダンジョンでの危険と隣り合わせな食事風景がしっかり再現されていました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ワンダーフェスティバル 2019[夏]開幕、全記事一覧まとめ

まさに漫画の出会い系な「新しい漫画と出会う、読める、その場で買えちゃう部屋」へ行ってきた - GIGAZINE

マンガ「ダンジョン飯」で水炊きにして食べられた「歩き茸」がまさかの立体化 - GIGAZINE

「このマンガがすごい!」や「全国書店員が選んだおすすめコミック」で第1位をとった注目漫画「ダンジョン飯」の魔物グルメが食品サンプル化 - GIGAZINE

サイコロを使ったシンプルな戦闘画面が特徴的なダンジョン探索ゲーム「Dicey Dungeons」を遊んでみた - GIGAZINE

ゲームや漫画に登場しそうな手描きのダンジョンマップ風のイラストが誰でも簡単に作れる「Dungeon Builder」 - GIGAZINE

世界最古のRPG「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の終わらない物語 - GIGAZINE

ランダムなダンジョンをガンガン攻める勇気が試される「ドラゴンファングZ 竜者ロゼと宿り木の迷宮」がバージョンアップしてめちゃくちゃ進化していました - GIGAZINE

迫り来る勇者をモンスターとワナで迎え撃つうちに時間が溶けていくダンジョンディフェンスゲーム「ダンジョンメーカー」レビュー - GIGAZINE

9つの職業を使い分けてランダムに生成されるダンジョンをくぐり抜けるローグライクRPG「Tangledeep」が日本語に対応したので遊んでみました - GIGAZINE

世界最初のRPG「ダンジョンズ&ドラゴンズ」はなぜ2018年に歴代最高の売上を記録できたのか? - GIGAZINE

in 取材,   マンガ, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.