試食

「食べるコーヒー」の名を持つコーヒー専門店の本気スイーツ「生オムレット」&「ブッセ」を丸福珈琲店 Omelet&Busseで買って食べてみました


昭和9年創業の丸福珈琲店がスイーツ専門店「丸福珈琲店 Omelet&Busse」をエキマルシェ新大阪内に2019年7月24日(水)からオープンさせています。コーヒー専門店のパティシエが丁寧に焼き上げた「生オムレット」や「ふわふわブッセ」などはここでしか食べられない味とのことなので、さっそくお店で買って食べてみました。

店舗情報 |【丸福珈琲店】公式ホームページ
http://marufukucoffeeten.com/store/one.php?st_id=277

エキマルシェ新大阪に「丸福珈琲店 Omelet & Busse」オープン!:JR西日本
https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/07/page_14458.html

丸福珈琲店 Omelet&BusseはJR新大阪駅の在来線改札内にある「エキマルシェ新大阪」に新しくできたお店。お店に行くにはまず改札をくぐる必要があります。


エキマルシェのスイーツコーナーに……


オープンしたばかりの丸福珈琲店 Omelet&Busseを発見。


お店の奥にはキッチンがあり、出来たてのスイーツが食べられるようになっています。


ということで生オムレット&ブッセを購入。エキマルシェの中にはイートインが可能なスペースがあるので、ここでさっそく食べてみます。


生オムレットは1つ税込324円で、4つセットが税込1200円となっています。


箱から出してみるとこんな感じ。


サイズは女性の手のひらにちょこんとのるほど。


まずは定番の生オムレット「いちご」から食べてみます。


クレープよりは厚みがあり、パンケーキよりは薄いぐらいの生地の中にはホイップクリーム&いちごが包まれています。


生地の外側にはアーモンド。


食べてみると、しっとりした生地は少しカステラのような蜜っぽさがありますが、軽めの仕上がり。ホイップクリームの下にはカスタードが入っているので、全体的にはしっかり甘めで、いちごの酸味とよい相性です。


生オムレットには季節限定の品もあり、その1つである「甘夏」も購入してみました。


これも構成はいちごと同じで、トッピングのフルーツだけが異なる形。全体的に甘いスイーツなので、甘夏の酸味やほろ苦さがいいバランスに仕立てています。これは確かにコーヒーと合わせて食べたくなる甘さ。


……が、最も印象的だったのはコーヒーゼリーがのった「丸福ティラミス」。ホイップクリームとココアパウダー、コーヒーゼリーの組みあわせですが、コーヒー専門店だけあって、口の中でコーヒーのよい香りがふわっと広がるコーヒーゼリーはかなり本格的な仕上がり。


他の生オムレットがコーヒーと一緒に食べる甘さだったのに対し、生オムレットだけでもしっかりとコーヒーを楽しめる一品です。甘さと苦みのバランスがよく、もちろんコーヒーとの相性のぴったりでした。


夏らしい仕上がりだろうなと思って購入した期間限定の「マンゴー」は、まったりと甘いフルーツということもあって、甘い生地&クリームと合わせると全体的にのっぺりした印象に。フルーツ系のオムレットはどちらかというと酸味のあるフルーツとの相性がよいように感じました。


ブッセは編集部に持ちかえってみました。これも、サイズはやや小さめです。


ブッセは全6種類を1つずつ購入してみました。ブッセは1つ税込198円で、6個アソートが税込1100円です。


まずは「食べるコーヒー」という別名を持つの「丸福の珈琲ブッセ」から食べてみます。


生地の間にはバターたっぷりのクリームとカカオニブが挟まれていました。


コーヒーの風味を最大限に活かした「食べるコーヒー」ブッセとのことですが、確かに、「子どもは食べられないのでは?」と思ってしまうほどの本格的なコーヒーの香りと苦み。これ単体でコーヒー欲と甘いもの欲を同時に満たすことができ、完成度としては頭1つ飛び抜けていました。


続いて生地のまわりにアーモンドスライスのついた「メイプルピーカンナッツ」


ふわふわのブッセ生地の間にバタークリームとキャラメリゼされたピーカンナッツが加わったもの。ナッツからほろ苦さが感じられますが、全体を占めるナッツの割合は低めです。「どこか懐かしい味わい」とのことで、ほのかに柑橘系の香料の香りがしました。


「ベリーベリー」はその名の通り、バターたっぷりのフランボワーズクリームとドライいちごが挟まれたブッセ。予想を裏切らないベリーの甘さと酸味が楽しめます。


「ラムレーズン」はバタークリーム&ラムレーズンという定番の組みあわせで、少し大人めの味わいですが、コーヒーによく合う仕上がり。


「抹茶あずき」は……


宇治抹茶を使用した生地とクリームに、大粒の甘納豆を加えたもの。ブッセは全体的に1粒でしっかり甘い仕上がりですが、「丸福の珈琲ブッセ」と「抹茶あずき」に関しては苦みもしっかりしていたので、甘さだけでなくほろ苦さを楽しみたい人にオススメ。


「マヌカハニーレモン」はレモンという名が入っているものの、酸味はほとんどなく、蜂蜜レモンのような仕上がり。マヌカ独特の薬っぽい香りもほのかにするので、はちみつ好きならたまらない一品といえます。


なお、丸福珈琲店 Omelet&Busseの営業時間は朝9時から21時30分までとなっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
これが元祖「モンブラン」、スポンジもタルト生地もないクリームのみの至福の塊を「アンジェリーナ」で買って食べてみた - GIGAZINE

6段重ねで迫力満点の「特製ショートケーキ」をユーハイムで食べてきた - GIGAZINE

フルーツをおかずに昇華させたサンドイッチなど明治から続く農園の「果物の本気」を垣間見る「堀内果実園」試食レビュー - GIGAZINE

オムレツが皿からあふれんばかりで異様な雰囲気を放つ「スフレオムレツドリア」を「卵と私」で食べてきた - GIGAZINE

深夜2時に芸術品のようなパフェが食べられる夜パフェ専門店「beL」に行ってきました - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.