サイエンス

脳に電極を埋め込み直接スマホを操作する「Neuralink」の詳細をイーロン・マスクが発表


「AIとヒトの融合」をテーマの1つに掲げている実業家のイーロン・マスク氏が2017年に設立したスタートアップ「Neuralink」が、「人が脳から直接コンピューターをコントロールできるようになる技術」についての発表を行いました。このチップはスマートフォンのアプリ上から操作可能になる予定で、2020年末にも臨床試験が始まる見込みです。

Elon Musk’s Neuralink Says It’s Ready to Begin Brain Surgery - Bloomberg
https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-07-17/elon-musk-s-neuralink-says-it-s-ready-to-begin-brain-surgery

Elon Musk unveils Neuralink’s plans for brain-reading ‘threads’ - The Verge
https://www.theverge.com/2019/7/16/20697123/elon-musk-neuralink-brain-reading-thread-robot

Neuralinkは2017年にマスク氏が設立した、人間の脳にAIを接続する技術を開発するスタートアップ。マスク氏はかねてから急激に進化するAIが人間の脅威になることを懸念しており、この対抗手段として「人間の脳にAIを組み込むことで脳をブーストし、コンピューターに立ち向かう」という方法を提唱しています。

人間の脳にAIを接続することを目指す新スタートアップ「Neuralink」をイーロン・マスク氏が設立 - GIGAZINE


2017年当時は具体的にどのような技術が開発されるのかについての説明がありませんでしたが、2年の時を経て、Neuralinkが開発中の技術の一部を公開しました。YouTubeでストリーミング配信されたマスク氏らによる発表の様子は、以下のムービーから確認できます。

Neuralink Livestream - YouTube


マスク氏によると、Neuralinkの最終目標はマヒのある人にデバイスを埋め込み、デバイスを使って電話やコンピューターを使用できるようにすること。

この技術を成功させるため、Neuralinkは2019年時点で使われている他のいかのデバイスよりも脳を傷つけない、柔軟性のある「threads」(糸)を作り出しています。人間の髪の毛よりも細く、直径4~6マイクロメートルだというthreadsは膨大な量のデータを転送可能で、96本のthreadsに1アレイあたり3072個の電極が配列されるとのこと。またthreadsの開発に加えて、Neuralinkは「threadsを自動的に埋め込む機械を開発する」という課題を抱えています。


マスク氏は、今回のプレゼンテーションの目的が「リクルート」にあると説明。Neuralinkの社長であるMax Hodak氏を初めとする科学者たちは、頭蓋骨に穴を開けるのにドリルではなくレーザービームを使用する意向で、すでに初期実験をスタンフォード大学の研究者たちと終えたそうです。マスク氏は、既にサルが脳から直接コンピューターを操作することに成功していると説明し、「来年末には臨床試験を始めたい」と語りました。


Hodak氏はプレゼンにおいて、Neuralinkが「巨人の肩の上に立つ」ものであると述べましたが、一方で、既存のいかなる技術も「できる限り非侵襲的な方法で神経のスパイクを直接読む」というNeuralinkの目標に適合しません。既存の技術としては、BrainGateと呼ばれる脳インプラントでタブレットを操作する研究が存在しますが、BrainGateは「Utah Array」という固い針を用いるため損傷が起こりやすく、また脳から得られるデータが少ないという欠点を持ちました。

一方でNeuralinkのテクノロジーはUtah Arrayよりもはるかに柔軟な素材を用いますが、それゆえに移植が困難になります。このため1分間に192個の電極を持つ6本のthreadsを人間に埋め込むことが可能な外科手術ロボットを開発する必要がありました。


これが手術のイメージ画像。


加えて、Neuralinkは脳からの信号を読み取り、増幅することが可能なカスタムチップを開発したと述べています。記事作成時点でこのチップはthreadsとUSB接続でのみデータをやりとりできますが、最終的にはワイヤレスで接続できるようになる見込み。ワイヤレス通信はNeuralinkが「N1センサー」と呼ぶ以下のプロダクトによって実現されるとみられています。


脳に埋め込まれた4つのN1センサーは、耳の後ろに装着したデバイスと接続し、これらはiPhoneアプリによって制御されるようになるとのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
体内にマイクロチップを埋め込む「マイクロチップ・インプラント」は危険なのか?何を可能にするのか?などをまとめたガイド - GIGAZINE

なぜスウェーデン人はマイクロチップを体に埋め込みたがるのか? - GIGAZINE

脳にチップを埋め込んで四肢麻痺の人が腕を動かすことに成功した「神経バイパス」とは? - GIGAZINE

なぜ6本指の人に関する研究が近未来のサイボーグにつながる可能性があるのか? - GIGAZINE

人間の脳を模倣した「人工ニューロン」でコンピューターは人間以上の速度で処理できるように - GIGAZINE

in サイエンス,   動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.