映画

無料で著作権切れの映画を見放題な「Public Domain Movies」が登場


映画作品などの知的財産は著作権で保護されており、勝手にウェブ上で公開することはできませんが、著作権の保護期間が満了すればパブリックドメインとなり原則として誰でも自由に公開することが可能になります。そんなパブリックドメインの映画を集めた「Public Domain Movies」が登場、実際に視聴することができます。

Public Domain Movies - Watch Free Videos Online
https://publicdomainflix.com/

上記URLにアクセスしたところがこれ。「The Outlaw」(邦題「ならず者」)という映画のサムネイルが表示されているので、中心にある再生ボタンをクリックすると……


映画が始まりました。映像はYouTubeにアップされたものを、プレイヤー機能を一部制限して表示しているようです。


「Videos」をクリックすると、「新着」「人気」「ホラー」「アクション」「SF」といったジャンルが表示されるので、試しに「ホラー」をクリックしてみます。


すると、ホラー映画に分類されている作品が表示されました。ホラーのカテゴリに分類された作品の中には、ヴァンパイアを扱ったホラー映画の元祖として知られる「Nosferatu」(邦題「吸血鬼ノスフェラトゥ」)や、ゾンビ映画の記念碑的作品であるジョージ・A・ロメロ監督の「Night of the Living Dead」(邦題「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」)もありました。


実写の映画だけでなく、アニメーションのカテゴリもあります。大半は第二次世界大戦中に作られたプロパガンダ作品ですが、中には「ポパイ」などで知られるフライシャー・スタジオが制作した「Gulliver's Travels」(邦題「ガリバー旅行記」)もありました。


1939年に作られたとは思えないほど生き生きとキャラクターが動くさまは、画質にさえ目をつぶれば現代でも十分通じるほどです。


キャプションには「1939にはParamount Picturesが完全な権利を保有していましたが、更新されなかったため、その後パブリックドメインになったと推測されます」と書かれています。


Wikipediaにもパブリックドメインとして紹介されていました。このように、Public Domain Moviesの映画は管理人のDonaldRock氏がパブリックドメインかどうかを確認したうえで掲載されています。


Public Domain Moviesはユーザー登録しなくても利用可能ですが、右上の「Register」をクリックしてから……


「氏名」「ユーザー名」「メールアドレス」「パスワード」「地域」などを入力し、一番下の「Register」ボタンをクリックするとユーザー登録ができます。


登録すると、「後で見る」「お気に入り」などのプレイリストに映画を登録することが可能です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
YouTubeが無料で「ターミネーター」など100本近くのハリウッド映画を広告付きで公開中 - GIGAZINE

無料&自由に利用可能なCC0で37万点超のアート作品をメトロポリタン美術館が公開 - GIGAZINE

あのミッキーマウスが2024年にパブリックドメインの一部になるかもしれない - GIGAZINE

2019年から新たにアメリカのパブリックドメインに加わる著作物とは? - GIGAZINE

無料で自由に利用できる歴史的画像1400万枚を公開するプロジェクト - GIGAZINE

無料で商用でも使える動画素材のフッテージムービーが毎週10本ずつダウンロードできる「Mixkit」 - GIGAZINE

インディーズゲームメーカーが「公立学校限定」でゲームを無料公開へ - GIGAZINE

in 映画, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.