メモ

ディズニーはTVドラマに対する報酬体系を大きく転換しようとしている

by Capri23auto

ウォルト・ディズニー・カンパニー20世紀フォックステレビジョンなどを傘下に持つテレビ部門を所有しており、ディズニー独自のストリーミングサービス「Disney+」におけるTVシリーズ配信を計画しています。そんなディズニーが、TVドラマシリーズの制作現場に対する報酬モデルを大きく転換しようとしていることが報じられています。

Disney TV Studios Eys New Profit Participation Model In Streaming Age – Deadline
https://deadline.com/2019/07/hollywood-profit-participation-tv-deals-changes-disney-streaming-services-1202641423/

TV関連市場のアナリストであるネリー・アンドレーエヴァ氏によると、ウォルト・ディズニー・テレビジョンの幹部がTVシリーズ製作の代理店やプロデューサーに対し、新たな報酬モデルについて通知したとのこと。ディズニーが追究している報酬モデルは「ポイント制」の支払い体系であり、慣習的に採用されてきた従来の報酬モデルよりも、支払いが単純化されるそうです。

一般的に、ハリウッドやTVシリーズの報酬モデルには当初の出演料や報酬に加え、映画の興行収入に応じて配当を受け取る「バックエンド」というシステムがあります。バックエンドが存在することにより、たとえ最初は少額のギャラで制作された映画やTVシリーズであっても、世界的な大ヒットを記録したり人気シリーズとなったりすれば、制作陣はそれに応じた報酬を受け取ることができます。

一方でディズニーが採用するポイント制では、TVシリーズなどの展開に関する多くのチェック項目を設け、チェック項目の達成度に応じて特定の項目に割り当てられた一定のポイントに対応する報酬が与えられるというもの。シリーズが長期化すればするほど、あるいはシリーズに対する評価の上昇や受賞歴などに応じて報酬が増すという点は、バックエンドシステムと変わりません。しかし、ディズニーは発生する可能性のある報酬を「ポイント制」によりあらかじめ定めておく代わりに、制作したコンテンツをどんなプラットフォームでも自由に配信する権利を得るとのこと。これにより、ストリーミング配信やTV放送事業を所有するディズニーはコンテンツに関する新たな契約を結ぶことなく利用でき、取引が合理化できるとアンドレーエヴァ氏は指摘しています。


ディズニーが行っている報酬モデルの変更は、映像配信の業界において最初のものというわけではありません。たとえば番組ごとにポイント制を使用した報酬モデルを最初に導入したのはアマゾン・スタジオであるほか、 Netflixでは作品の権利を買い切ってしまうことで、バックエンドを完全に回避しているとのこと。

今回の動きは一見すると、AmazonやNetflixといったストリーミング事業を展開する新興企業の圧力に対し、ディズニーのような伝統ある企業が体制の変更を迫られているようにも感じられます。しかし、ディズニーのようにさまざまなプラットフォームを所有する大企業にとって、コンテンツのシームレスな移動を可能にする新たな報酬モデルは非常に有用だとアンドレーエヴァ氏は指摘。

アンドレーエヴァ氏によると、作品の制作陣やプロデューサーといった関係各所からの反応は賛否さまざまな模様。反対派は大規模な成功をおさめた作品に対する見返りの減少を危惧している一方、賛成派はコンテンツストリーミングが一般的なマルチプラットフォームの世界において、報酬モデルの変更は避けられないと考えているそうです。

by Pixource

新たな報酬モデルは従来のバックエンドモデルでは大きな見返りの期待できない、中程度の評価を受けてそれなりに成功したシリーズに恩恵をもたらすとみられています。その一方で、「ビッグバン★セオリー/ギークなボクらの恋愛法則」や「モダン・ファミリー」などの爆発的なヒットを記録した作品に対する恩恵は、従来のバックエンドによる報酬の方が大きくなると予想されています。

しかし、このようなメガヒットは非常にまれなことであり、「ストレンジャー・シングス」の大ヒット後に脚本化・監督・プロデューサーのザ・ダファー・ブラザーズが契約の再交渉を行ったケースもあることから、メガヒット作品も再交渉などにより十分に恩恵を受けられる可能性もあるとのこと。また、アンドレーエヴァ氏が入手した情報によれば、ディズニーが提案したポイント制はメガヒット作品にとっても有益であり、従来のバックエンド型報酬モデルに匹敵するとのうわさもあるそうです。

by Pixabay

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
世界の映画の中心地であるハリウッドで働く人たちの給料は一体どれくらいなのか? - GIGAZINE

興行収入200億円超えの映画で全ての制作スタッフがどれぐらい稼いだかをエンドロールに表示するとこうなる - GIGAZINE

ディズニー独自のストリーミングサービス「Disney+」が2019年11月12日から提供開始、価格はNetflixの約半分 - GIGAZINE

ディズニー独自のストリーミングサービス「Disney+」では全ディズニー映画が見られる - GIGAZINE

ディズニーの21世紀フォックス買収にケーブルテレビ最大手のコムキャストが割って入る - GIGAZINE

ワーナーがストリーミングサービス「HBO Max」を発表、Netflixに新たなライバル誕生か - GIGAZINE

Appleが映像配信サービス開始に向けてHBO・Showtime・Starzと提携模索中か - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in メモ, Posted by log1h_ik

You can read the machine translated English article here.