ハードウェア

インド初のCPU向けアプリケーション開発ツールがリリースされハード・ソフト両面での躍進にはずみか

by Colin Behrens

近年インドのエレクトロニクス分野は目覚ましい発展を遂げており、2019年4月にはインド初の国産マイクロプロセッサ「AJIT」が開発されています。今回さらに、CPU向けのソフトウェア開発キットが発売に先駆けて公開されました。

shakti / software / shakti-sdk · GitLab
https://gitlab.com/shaktiproject/software/shakti-sdk

India's First CPUs Are Ready for App Development
https://www.tomshardware.com/news/india-shakti-cpu-processors-sdk-risc-v,39781.html

Shakti processor vs Intel vs ARM - Gareeb Scientist
http://gareebscientist.com/shakti-processor-vs-intel-vs-arm/

インド製のCPU「SHAKTI」はオープンソースの命令セットアーキテクチャ(ISA)である「RISC-V」をベースとしたプロセッサユニットで、2018年7月にはテストモデルがLinuxの起動に成功していました。

以下の画像がインド製CPU・SHAKTIです。


そんな中、インド工科大学マドラス校(IIT Madras)のグループが、SHAKTIの市場投入に先駆けてソフトウェア開発キット(SDK)を公開。IIT Madrasの研究チームRISEは、「SHAKTIがリリースされれば、オープンソースならではのカスタマイズ性と低価格でIntelやARMの牙城に切り込むでしょう」と自信をのぞかせています。

SHAKTIの特徴のひとつが、多様なハードウェアに適合する6つのクラスをサポートしている点です。SHAKTIファミリーには、低消費電力が特徴の「Eクラス」・ミドルレンジCPUである「Cクラス」・モバイル機器向けの「Iクラス」・最大8コアのマルチコアをサポートする「Mクラス」・ワークステーションやサーバーを対象としたIクラスの拡張版「Sクラス」・ハイエンドモデルの「Hクラス」があります。

技術系情報サイトTom's HardwareのLucian Armasu氏は、「今やインドは、中国やEUのようにアメリカのメーカーがCPUに頼るのではなく、自らプロセッサを設計・開発することに関心を注いでいます」と語り、インドのエレクトロニクス分野の展望を述べていました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
インド初となる国産マイクロプロセッサ「AJIT」が登場、新たな電子大国誕生への1歩となるか - GIGAZINE

iPhoneを製造するFoxconnが「インドでもiPhoneの製造を開始する」と発表 - GIGAZINE

インドが「第4の宇宙大国入り」を目指す宇宙進出計画の全容が明らかに - GIGAZINE

「インド人のITエンジニアは優秀」という風潮は正しくないという研究結果 - GIGAZINE

インドを旅して感じた「穏やかな日常」と隣り合った「秩序のなさ」 - GIGAZINE

刑事訴訟の経験のあるインド下院当選者は全体の40%以上、殺人・性的暴行・強盗などに問われた議員も - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in ハードウェア, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.