レビュー

Twitterにマンガのスレッド投稿を予約可能、ドラッグ&ドロップ一発で作業が完了する「Twitter漫画投稿予約」


Twitterで複数ページにわたるマンガを投稿する時にツイートをスレッド化するという方法がよく取られますが、ツイートを1つ1つ手作業で設定するのはかなりの手間。……ということで、ファイルをドラッグ&ドロップするだけで複数枚にわたるマンガのページを自動的にスレッド化したツイートとして投稿可能で、日時を指定して予約もできるという、描き手にとってお役立ちなツールが登場しました。

Twitter漫画投稿予約(β)
http://murs.site/tw/html/post-reservation.html

上記URLにアクセスしたら、まずは「ログイン」をクリック。


漫画を投稿したいTwitterアカウントにログインしておく必要があるので、アカウントとIDを入力して「ログイン」をクリック。


すると、Twitter漫画投稿予約のトップページに戻りました。


最上部で投稿予約時間を設定するようになっているので、カレンダーから日時を選択。時間は1時間単位で選べる形なので……


1分単位の細かい時間は手動で設定します。ツイート本文も入力。


「ファイル選択」から投稿したい画像ファイルを選んで「開く」をクリック。画像は複数選択可能です。


以下のような感じで作品サムネイルが表示されるので、問題なければ「登録」をクリック。


しばらくすると「予約一覧」にタイトルが表示されるようになりました。なお、予約後に内容を変更をすることはできないので、変更点がある時はいったん「cancel」を選んでから投稿しなおすことになります。


投稿時間にTwitterアカウントをのぞいてみると、こんな感じでばっちり投稿されていました。10枚の画像を予約したので4枚×4枚×2枚で計3つの投稿が行われており、2ツイート目以降は1枚目にリプライする形で続いています。


2ツイート目以降の本文には「2/3」のような感じで何ツイート目かだけが書かれています。


もちろん画像はクリックすると拡大します。


Twitter漫画投稿予約は川崎直孝さんがゲーム仲間のプログラマーに作ってもらったという機能で、記事作成時点ではまだベータ版となっています。描いたマンガはすぐにTwitterに投稿して人とシェアしたい気持ちになりますが、深夜の時間帯だとユーザーがおらず誰にも見てもらえない……ということにもなりがち。Twitter漫画投稿予約はそんなマンガ描きにとって非常に便利なサービスです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
トレス台・動画講義・プロの添削までついて14日でマンガが描けるようになる「14日間マンガ家コース」を使ってみた - GIGAZINE

自分のイラストをプロに添削してもらえる「14日間マンガ家コース」を実際に使ってみた - GIGAZINE

プロの漫画家がイラストの描き方を細かくわかりやすく解説してくれるYouTubeチャンネル - GIGAZINE

イラストレーター・漫画家として活躍する安倍吉俊が仕事や絵を語るインタビュー映像公開中 - GIGAZINE

手描きとデジタル作画の差とは?「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」や「灼熱の卓球娘」の入江泰浩監督がお絵かきしながら熱弁 - GIGAZINE

in レビュー,   ネットサービス,   マンガ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.