ハードウェア

新「Raspberry Pi 4」が4Kサポート&CPU高速化など大幅にスペックアップして登場


4KをサポートしCPUが高速化、USB 3.0やUSB Type Cなども採用したRaspberry Piの新世代「Raspberry Pi 4 Model B」が2019年6月24日付けで登場しました。大幅にスペックアップしたRaspberry Piは最大4GBまでの3モデルが用意されています。

Raspberry Pi 4 on sale now from $35 - Raspberry Pi
https://www.raspberrypi.org/blog/raspberry-pi-4-on-sale-now-from-35/

Raspberry Pi財団は新登場したRaspberry Pi 4 Model Bのポイントがさくっとわかるムービーを公開しています。

Raspberry Pi 4: your new $35 computer - YouTube


これがパワーアップして新登場したRaspberry Pi 4 Model B。


静かでエネルギー効率がよく……


Gigabit EthernetとUSB 3.0によって高速データ通信を実現しています。


RAMは1GB・2GB・4GBから選ぶことが可能。


無線はIEEE 802.11acに対応し、Bluetooth 5.0も採用。


デュアル4Kディスプレイ出力もサポートしています。


公式ページによると、スペックは以下の通り。

・1.5GHz クアッドコア 64ビット ARM CPU「Cortex-A72」 (パフォーマンスは先代の最大3倍)
・DDR4 SDRAMは1GB/2GB/4GB
・デュアルバンド802.11ac無線通信
・Bluetooth 5.0
・USB 3.0ポートとUSB 2.0ポートはそれぞれ2つ
・OpenGL ES 3.x系をサポート
・60fpsの4K動画に対応
・これまでの Raspberry Piと完全に互換性あり

見た目はこんな感じ。


充電接続はMicro-USBからUSB Type-Cに移行し、USBデバイスへの1.2Aのダウンストリームを保証。


またタイプAのHDMIはタイプDのHDMIコネクタ2つに置き換えられました。


基板のデザインをシンプルにするため、Gigabit Ethernetの端子はボード右端の下部から上部に配置替えしたとのこと。PoEコネクタはそのままなので、PoE HATとの互換性は維持されます。


ケースはこんな感じ。


別の角度から。


USB Type-Cの充電ケーブルも登場します。


4GBのRaspberry Pi 4やケース、PSU、公式マウス&キーボード、HDMIケーブル、初心者ガイド、デスクトップキット、16GBのmicro SD カードなどがは入ったキットなども購入可能になります。


なお、Raspberry Pi 4 Model Bの価格は1GBが35ドル(約3750円)、2GBが45ドル(約4820円)、4GBが55ドル(約5890円)。ケースは5ドル(約540円)で、電源は8ドル(約860円)、キットは120ドル(約1万2800円)です。日本国内では技術基準適合認定の完了後に各取扱いメーカーより順次販売される予定となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ゲームボーイにRaspberry Piをぶち込んでスーファミタイトルなどゲーム三昧な魔改造を施した「Game Boy Zero」 - GIGAZINE

激安のRaspberry Pi Zeroで手のひらサイズの「スーパーファミコン」を作成した強者が登場 - GIGAZINE

Raspberry Piで自作したバーコードから自動で調理を行える電子レンジ - GIGAZINE

2歳の誕生日を迎えたRaspberry Piの偉大な功績を振り返るとこんな感じ - GIGAZINE

簡単にRaspberry Piで思い通りのモノを作ることができるキット「Flotilla」 - GIGAZINE

誰でも簡単にRaspberry Pi 3へ64bit ARM版Windows 10をインストールできるツールが登場 - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.