試食

カツ丼にキーマカレーうどんをのせた炭水化物オン炭水化物の究極形態「カレーうどんカツ丼」が登場したので食べてきた


もりもりのご飯の上に揚げたてチキンカツとキーマカレーうどんを載せた炭水化物のオンパレード「カレーうどんカツ丼」が2019年6月21日(金)よりかつやに登場しています。過去にはポテカレーうどんパンなる食べ物も生み出されたことがありましたが、明らかにそれとは比べものにならないボリュームだったので、実物を食べてきました。

カレーうどんカツ丼
http://www.arclandservice.co.jp/katsuya/fair/fair2.html

かつやに到着。


店頭では「SUPER HUNGRY SALE!!」ということで炭水化物満タンなカレーうどんカツ丼がでかでかとアピールされていました。


注文後、10分ほどでカレーうどんカツ丼が到着。もりもりのご飯がうどんの下に隠れていることを知らなければ、ドライカレーうどんのようにも見える見た目です。


全長123.8mmのiPhone SEと比較するとこんな感じ。


さっそく麺から食べてみたところ、ひき肉たっぷりのキーマカレーが絡んだうどんはかなりのスパイシーさで、ビリビリとシビれるような刺激が脳へと伝わり、鼻の上などが徐々に汗ばんできます。ただし、辛いだけではなくて、フルーツっぽい甘みや旨みが感じられるやみつきになる味です。


うどんの下にはご飯がぎっちり。


ご飯にもしっかりカレーが染みこんでいます。「今日はカレーライスにするかカレーうどんにするか悩む!」という時にどちらも楽しめるというぜいたくな解決策です。


チキンカツは衣のパン粉が粗めでザクザクとした食感。カツ自体にほんのり味がついているので、カレーで舌がヒリヒリした時の箸休め的な位置付けにもなります。


また、丼ではなくカレーうどんカツ定食としての提供もあります。


鉄皿のサイズはこのくらい。


ごはんに染みまないぶん、カレーがさらにうどんにしっかり絡むことになり、一口めの辛さ&濃厚さは丼よりも強烈です。


お好み焼きややきそばをご飯を食べる、というのと同じスタイルでカレーうどんを食べる感じ。ほぼほぼ炭水化物で構成された定食なので、標準的な定食よりもボリューミーで、はらぺこの成人男性でも十分満足することができます。


なお、カレーうどんカツ丼は税込637円で、カレーうどんカツ定食は税込745円となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
なぜ「炭水化物の取りすぎ」が体に悪いのかを分かりやすく解説した「How do carbohydrates impact your health?」 - GIGAZINE

なぜストレスを感じると甘いものや炭水化物を食べたくなってしまうのか? - GIGAZINE

低炭水化物の食事は通常の食事よりも多くのカロリーを消費させるかもしれない - GIGAZINE

脂肪と炭水化物の組み合わせが人間を引きつけるのは脳の報酬系を刺激するため - GIGAZINE

糖質の摂取を控える「糖質制限ダイエット」は体に良くないという研究結果 - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.