ゲーム

海外では「ポケットモンスター ソード・シールド」のウールーが大人気


ポケットモンスター ソード・シールド」の最新情報が明かされた「Pokémon Direct 2019.6.5」では、新しいポケモンやキャラクター、シリーズ初登場のレイドバトルにメガシンカ・Zワザに続く新システムの「ダイマックス」など、数々の新情報が発表されました。この配信の中で発表された新情報のうち、海外で注目を集めているのは新ポケモンの「ウールー」のようです。海外ゲームメディアのPolygonは「ポケットモンスター ソード・シールドのウールーは、第8世代ポケモンの中でベストの存在だ!」と報じています。

Pokemon Sword and Shield’s Wooloo is the best of the 8th-gen Pokemon - Polygon
https://www.polygon.com/pokemon/2019/6/5/18653793/wooloo-pokemon-sword-shield-reaction


ポケットモンスター ソード・シールドが発表された際は、海外では特にメッソンが人気だったため、Polygonは「ごめんね、メッソン。今やポケットモンスター ソード・シールドはウールーのゲームだ」と記しています。

Nintendo Switch向け完全新作「ポケットモンスター ソード・シールド」に対する海外ファンの反応 - GIGAZINE


Polygonは「人々がウールーに恋した理由」を2つ挙げており、ひとつは「ウールーは丸い形で非常にふわふわした体を持っており、人間は丸い動物が大好きだから」と記しています。もうひとつは公式サイト上のウールーの説明にあるとしており、「安定を好む温和な性質」であり「群れで行動し、主人や群れのボスの行動を真似するようだ。戦うことを好まず、敵対するものから逃げる時には、転がって移動する」という点にファンが愛着を持ったのではとPolygonは指摘。


海外ファンがいかにウールーを気に入ったかは、「Pokémon Direct 2019.6.5」が終了してからわずか半日足らずでインターネット上にファンアートが多数投稿されていることからも明らかです。

「アイラブユー、ウールー!」


Pokémon Direct 2019.6.5終了から1時間足らずで投稿されているイラストもチラホラ。


フランス人のユーザーは「フランス語ではウールーはMoumoutonと呼ばれるの。これは文字通り『ヒツヒツジ』と言っているの」


モフモフマシマシなウールーのイラスト


「ウールーはツインテールだ。初音ウールー」


ウールーのキュートな見た目にやられてしまったユーザー続出のようです。


見た目がヒツジなポケモンの大先輩であるメリープとウールーを一緒にお絵描きするユーザーも複数登場。


他にも、モフモフ仲間?ということで新登場のウールーとワタシラガを一緒にお絵描きするユーザー。


WLWは「ウールーウー」の略だ!


ウールーのモフモフの毛に埋もれるためにダイマックス化させたい、というツイート。


小型ポケモンのベッドにピッタリという声も。


ウールーはモフモフの毛がなくてもかわいいのでは?というイラストもありました。


伝説のポケモン・ザシアンに守られるウールー


もちろん日本でもウールーは大人気。


なお、Pokémon Direct終了直後は日本では「アーマーガア」がTwitterのトレンドに入っており、ウールーよりも大人気でした。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Nintendo Switch「ポケットモンスター ソード・シールド」の発売日は2019年11月15日に決定、伝説のポケモン・ザシアン&ザマゼンタの姿も - GIGAZINE

ポケモンシリーズ完全新作の「ポケットモンスター ソード・シールド」がNintendo Switchで登場 - GIGAZINE

Nintendo Switch向け完全新作「ポケットモンスター ソード・シールド」に対する海外ファンの反応 - GIGAZINE

「ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ」プレイレビュー、Nintendo Switchのポケモン最新作はどんな感じなのか早速遊んでみた - GIGAZINE

ポケモンシリーズ最新作がついにNintendo Switchで登場、「ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ」公式ムービーはこんな感じ - GIGAZINE

「Nintendo Switchのポケモン新作」をポケモンシリーズの制作会社ゲームフリークが開発中 - GIGAZINE

in 動画,   ゲーム, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.