試食

ゴロっと大きな夏野菜と7種の香辛料を合わせたヘルシー&スパイシーな「大人のスパイスカレー THE チキベジ」をCoCo壱番屋で食べてきた


2019年6月1日からCoCo壱番屋に期間限定メニューの「大人のスパイスカレー THE チキベジ」が登場しました。今回の新メニューはナス・オクラ・グリーンアスパラガスなどの野菜とチキンがたっぷり入っており、さらにクミン・カルダモンなどの各種のカレースパイスとにんにく・トマトの味わいを堪能できるカレーになっているとのことなので、実際に食べてきました。

スパイスカレー THE チキベジ | ココイチのメニュー | カレーハウスCoCo壱番屋
https://www.ichibanya.co.jp/menu/detail.html?id=654


CoCo壱番屋に到着。


店頭では目当ての大人のスパイスカレー THE チキベジがアピールされていました。


メニューの表紙も大人のスパイスカレー THE チキベジに。


メニューに記載された「おすすめの食べ方」では、食べる前に一気に混ぜることがオススメされていました。


注文して5分ほどで「大人のスパイスカレー THE チキベジ」(税込952円)が運ばれてきました。ライスの量を通常の250gから大盛り(350g・税込107円追加)、小盛り(150g・税込51円引き)に変更できるだけでなく、辛さも選択可能とのこと。しかし、甘口にはできないそうです。


フレーク状に裂いたチキンと、ナス・オクラ・グリーンアスパラガス・ミニトマトなどの夏の野菜がゴロゴロとのっています。


かかっているスパイスは、パセリ・クミン・カルダモン・唐辛子・コショウ・花椒・オレガノとのこと。


オススメの食べ方に従って食べてみます。スパイスがカレー全体に混ざるように、全体をよくかき混ぜます。


食べてみると、カレールウはベースはトマトの香りが高くさっぱりめの味わいですが、そこに香辛料がたっぷり混ざって、まさしく「スパイシー」な味わい。7種の香辛料はクミンとカルダモンが強く感じられ、食べた後は口の中がじんわりと熱くなってきます。にんにくも入っているとのことですが、香辛料に押されてしまったのか、ほぼほぼ感じられませんでした。


ナス・オクラはスプーンからはみ出るほどの大きさで、食べると味の主張はカレーに勝つほどに野菜の味わいたっぷり。野菜はそれぞれ歯で簡単にかみ切れる程度に火が通っており、食感もまた楽しめます。


「スパイスカレー THE ローストチキン」は2019年6月1日から9月28日までの期間限定で一部店舗を除く全国のCoCo壱番屋で販売中。9月28日以降はなくなり次第終了とのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
200gの牛肉の塊にトマトフォンデュソースをかけた肉の旨味をガッツリ味わえる「トマトフォンデュソースのビーフハンバーグステーキ定食」を松屋で食べてきた - GIGAZINE

すき家「辛口トマレタ牛丼」はシャキシャキのレタス・ピリ辛のトマトソース・パルメザンチーズが合わさってまるでタコライスのような味わい - GIGAZINE

ジューシー唐揚げとコッテリ豚バラ肉が丼の味わいを二分する「豪快唐揚げ合盛りすた丼」を食べてきた - GIGAZINE

ゴロっと焼豚のうま味が脳天直撃な「天下無敵の焼豚炒飯」を大阪王将で食べてきた - GIGAZINE

吉野家×ライザップのダイエット飯「ライザップ牛サラダ」を食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.