メモ

刑事訴訟の経験のあるインド下院当選者は全体の40%以上、殺人・性的暴行・強盗などに問われた議員も

By Naveed Ahmed

2019年4月11日から5月19日にかけて行われた2019年インド総選挙の投票結果が開票され、ナレンドラ・モディ首相が率いるインド人民党が圧勝したと報じられています。一方、インドの選挙に関する市民団体「民主改革協会(ADR)」は刑事訴訟の経験のある下院当選者は40%以上にのぼり、中には殺人や性的暴行、強盗などの重大犯罪で起訴されたケースもあると発表しています。

Lok Sabha Elections 2019 Analysis of Criminal Background, Financial, Education, Gender and other details of Winners | Association for Democratic Reforms
https://adrindia.org/content/lok-sabha-elections-2019-analysis-criminal-background-financial-education-gender-and-other

40% of India's MPs face criminal charges, including rape and murder: Study, South Asia News & Top Stories - The Straits Times
https://www.straitstimes.com/asia/south-asia/40-per-cent-of-indias-mps-face-criminal-charges-including-rape-and-murder-study

2019年5月25日、ADRは「2019年インド総選挙当選議員の犯罪歴・資産・学歴・性別・その他の分析」として、今回の当選議員545名のうち539名までを分析した約400ページの報告書を発表しました。報告書によると、539名のうち233名、つまり全体の43%が刑事訴訟を受けたことがあるそうです。


ADRによると、2004年に調査を開始して以来、刑事訴訟を抱えている議員は増加し続けています。今回の選挙で当選した下院議員が問われている「重大犯罪」を総計すると、殺人は11件、過失致死は30件、性的暴行は3件となり、10年前に比較して2倍以上に増加しているとのことです。

一方で、刑事訴訟の経歴を持つ前下院議員は185名いましたが、そのうち有罪判決を受けた者はおらず、インドでは「政治的な報復」のためにこのような告発があるそうです。

by Al Jazeera English

今回の選挙では、圧勝したナレンドラ・モディ首相のインド人民党に所属するSadhvi Pragya Thakur氏は、2008年に発生したモスクへのテロの首謀者として逮捕された経歴を持っています。

また、最大野党である国民会議派に所属するDean Kuriakose氏は、過失致死・強盗などの37件の重大犯罪を含む204件の刑事訴訟の経歴がありますが、今回の選挙で当選しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
329人を殺した「インド航空182便爆破事件」で有罪判決を受けた男性が社会復帰訓練所から出て自由に - GIGAZINE

インドの車は乗り物ではなく武器、10年で150万人が死亡したインドの交通事情は何が悪いのか? - GIGAZINE

チケットを買う、ただそのために壮絶な死闘を繰り広げるインドの駅 - GIGAZINE

インドで喫煙するアジアゾウが発見される - GIGAZINE

インドの政治家が「インターネットを発明したのは古代のインド人だ」と主張する - GIGAZINE

in メモ, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.