メモ

欧米諸国の対スパイ機関を取り囲む困難な状況とは?

By Bernard Hermant

スマートフォンなどの通信技術の発展や、プライバシーなどの観点からの法律の変化などを受け、スパイの手口やスパイに対する我々の反応も変化し続けています。スパイを相手国に送り込んで諜報活動を行ったり、相手国のスパイの諜報活動を防ぐ情報機関の変化について、西欧社会とロシア・中国などでは状況が異なっていることをジャーナリストのエドワード・ルーカス氏が詳しく語っています。

The Spycraft Revolution – Foreign Policy
https://foreignpolicy.com/2019/04/27/the-spycraft-revolution-espionage-technology/

一昔前までは、職業などの経歴・住所・国籍をねつ造し、映画などで見られるような「身分の偽装」をして他国に忍び込むようなスパイ活動が可能でした。しかし、現代では技術が発展した結果、身分を偽装し続けることは困難になっているそうです。テクノロジー企業が開発した顔認識ソフトウェアによって、情報機関が膨大な数の顔のデータベースを保有しているだけでなく、Facebookなどにアップロードされた個人情報や写真と照会を行うことで、人物の特定は容易になっています、

顔認識機能を使って逃亡者を6万人参加のコンサート会場から中国警察が見つける - GIGAZINE


Amazonが顔認識ソフトを警察に販売していることが判明、国民の監視に乱用される可能性アリとして警鐘が鳴らされる - GIGAZINE


例えば「カナダの大学に通う建築学生」と主張している疑わしい人物がいる場合、情報機関はまず、学生の通う大学に関係したソーシャルメディア上のグループを調査するそうです。その人物がソーシャルメディアに何も情報もない人物だと判明すると、身分を偽装している可能性は高くなります。

アメリカに入国する渡航者に対してSNSアカウント情報を尋ねる制度が導入される - GIGAZINE


現代の対スパイ技術において最重要なものの1つは、スマートフォンです。スマートフォンをハッキングすれば電話やメッセージの内容を傍受できるだけでなく、スマートフォン自体の位置情報を傍受することで、所有者の現在位置までもわかるとのこと。

スマートフォンによるハッキング対策の1つは、「スマートフォンを持たない」ことです。しかし、スパイの疑いのある人が「スマートフォンを持っていない」と判明した場合、その人がスパイであるという疑いはかなり濃くなってしまいます。また、ほとんどの人が最初に取得した電話番号を維持しようとするという理由から、「ごく最近、電話番号を新しくした人」もスパイの疑いは強くなります。

By James Sutton

これに対し、スパイを送り込む側の戦略として、1つは「偽の身分をもっともらしくする」というものがあります。偽の名前、経歴、住所などはもちろんのこと、LinkedInの新しいアカウントや新しいクレジットカードを作成したり、Facebookのアカウントを休止したりして、「デジタルな身分」ももっともらしくするそうです。

2つ目の戦略は、「民間人を新しくスパイとして雇う」ことです。民間人は本物の身分を有しているため、身分を偽装する必要がありません。3つ目は「1回限りの偽の身分を使用して、任務終了後はその身分を捨てる」ということです。いずれの戦略もコストパフォーマンスが悪く、理想的な戦略ではないとのことです。

加えて、現代では、スパイが情報を入手したとしても、自分の属する機関に報告することは困難です。ネットワークを経由した情報の送信も傍受可能であるため信頼性に欠けます。他の報告の方法として、スパイが決められた場所に文書やマイクロフィルムなどのアイテムを落とし、協力者がそれを回収するという「デッド・ドロップ」が知られていますが、スマートフォンを使った位置情報の追跡によって、デッド・ドロップは発覚しやすくなっています。

By Nik MacMillan

そのような技術的な変化が諜報活動に与える影響に対して、欧米と中国・ロシアなどの間に存在する法的な格差がスパイの行動に制限をかけているそうです。ルーカス氏によると、中国の国家安全保障法はすべての個人と企業が情報機関を支援することを要求していますが、欧米ではスマートフォンの内部情報にアクセスするには捜査令状が必要です。

アメリカ国籍を持つAppleの技術者が「スマートフォンやPCのロックを解除しろ」とアメリカ入国時に求められる - GIGAZINE


また、スパイ活動に対する否定的な世論も根強く存在しています。アメリカ、イギリスやEUの情報機関は、スパイ活動に支障をきたすという懸念から、データ保護法やその他の法律を注視するために弁護士や専門家を雇っているそうです。

スマホやノートPCを入国時に検査するのは違憲だと電子フロンティア財団が立ち上がる - GIGAZINE


ルーカス氏によると、ほとんどの国の情報機関は、国民の非難にさらされた場合を考慮するあまり活動に足かせが掛かり、敵国のスパイ活動を防止できなくなってきているとのこと。また、重要性が低いプライバシーですら保護されることを要求することによって、結果的に情報機関が敵国のスパイ活動を傍受することは難しくなっています。それにひきかえ、ロシアや中国などの社会主義国の情報機関はそのような障害なしに活動しています。

「ほとんどの人が、中国・ロシアのような、情報機関の報告書が国民の生活や政治を決定する統制社会に住みたくないと思っているはずです。中国・ロシアの情報機関に対抗して開かれた社会を守るためには、自国の情報機関の存在が必要です。しかし、その情報機関が過度に権力を持つべきでもありません」とルーカス氏は主張しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「フリーソフトウェア運動」創始者リチャード・ストールマンが語る「現代テクノロジーが人々をどれだけスパイしているか」 - GIGAZINE

Microsoft社長がオーストラリアのアンチ暗号化法に対して「もはや企業はデータを安全に保存できない」と警告 - GIGAZINE

不法移民を取り締まる国家機関が車のナンバープレートの位置情報を入手していたと判明 - GIGAZINE

ウイルス入りUSBメモリを所持した女性がトランプ大統領の別荘への侵入にあっさり成功 - GIGAZINE

中国のために機密情報を盗んだスパイ容疑の元IBM従業員が罪を認める - GIGAZINE

政府があなたを「危険人物」と見なして徹底的に監視する基準とは? - GIGAZINE

in メモ, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.