メモ

ミステリアスなペニスの地上絵が公園や運動場に出没


上空から見て初めてその存在に気づくナスカの地上絵のごとく、大小さまざまな謎のペニスの絵が公園や運動場に描かれていることがGoogle Earthによって判明しました。

A Procession of Penises Has Appeared in Preston, and You Can See Them From Space - Broadsheet
https://www.broadsheet.com.au/melbourne/city-file/article/procession-penises-has-appeared-preston-and-you-can-see-them-space

Melbourne penis designs: Who is behind Melbourne's mysterious penis glyphs?
https://www.theage.com.au/national/victoria/who-is-behind-melbourne-s-mysterious-penis-symbols-20190515-p51nhy.html

Mystery dick symbols spotted in parks using Google Earth
https://mashable.com/article/google-earth-penis-symbols-parks/

Google Earthにペニスのシンボルが隠されていることに最初に気づいたのはu/adrianmtbというredditユーザー。オーストラリア、メルボルンの「TW Blake Park」には一見すると「野球のバット?」と思ってしまうような、大小3つのペニスが描かれていました。ニュースメディアのBroadsheetによると、そのサイズは122mで、巨大さゆえにナスカの地上絵がごとく、上空から見下ろさないと気づかないものとなっています。


記事作成時点でGoogle Earthを確認すると、確かに地上絵を見ることができました。


そして調査が進められたところ、ペニスの地上絵が描かれた場所は他にもあることが判明。ソーンベリーにあるHayes Parkにも約81mにもなるペニスが描かれていました。そして、これもミニペニスが添えられています。


John Cain Memorial Parkにも94mと16mのペニスが描かれていることがわかりました。


3つの地上絵の位置関係は以下のような感じです。


いずれの絵も連続する1本の線によって描かれ、軸部分から始まり、陰のうの間で終了しています。鑑賞者がどの向きから見ることを作者が想定していたのかという判断は難しいものの、「陰のうに対する軸の向きから考えると、ペニスは直立していると考えることができます」とBroadsheetは述べています。

オーストラリアの地域自治体、デアビン・シティの広報は「過去の夏の時点で絵が描かれたとみています」とコメント。「デアビンの評議会は、何者かがこのような無責任な破壊行為を公園や運動場で行ったことを非難しています。グラウンドを修正するにはコストや時間がかかるため、冗談では済まされません」と述べました。この芝生が回復するまでには数カ月を要するとのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
エジプトの砂漠で増えまくる謎のミステリーサークルの正体とは? - GIGAZINE

おばあちゃんが最期に残し20年間も未解決だった謎の暗号がネットの集合知によって爆速で解明へ - GIGAZINE

500年以上前の本「オデュッセイア」に書き込まれた謎の暗号解読に懸賞金がかけられる - GIGAZINE

世界を悩ませているインターネットのミステリー、謎の暗号「Cicada 3301」 - GIGAZINE

宇宙の謎「消えたバリオン」問題が新たな観測手法によって解明へ - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.