ハードウェア

Amazonが「声」からあなたの感情を読み取るウェアラブル端末を開発中

by RobinHiggins

KindleやAmazon Echoをこの世に送り出したAmazonの研究開発機関「Lab126」が、新たに、ユーザーの声から感情を読み取るウェアラブル端末を開発中であることが、内部文書から発覚しました。

Amazon Is Working on a Device That Can Read Human Emotions - Bloomberg
https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-05-23/amazon-is-working-on-a-wearable-device-that-reads-human-emotions

Amazon making wearable tech to read human emotions, report says - Business Insider
https://www.businessinsider.com/amazon-wearable-tech-detects-human-emotions-report-2019-5

Amazon preparing a wearable that ‘reads human emotions,’ says report - The Verge
https://www.theverge.com/circuitbreaker/2019/5/23/18636839/amazon-wearable-emotions-report


Amazonの最新ウェアラブル端末について報じたのはBloombergのMatt Day氏。Day氏が情報筋から話を聞きAmazonの社内文書を調べたところ、Alexaの音声ソフト開発チームと「Lab126」と呼ばれる研究開発施設が協力して、ある1つの端末の開発に取り掛かっていることがわかりました。このデバイスはスマートフォンと連動し、使用者の声から感情を読み取り判別するマイクロチップを搭載しているとのこと。新たな技術によって、最終的にデバイスが使用者に対して「他人と効果的に接する方法」をアドバイスすることも可能になると文書には記されています。

ウェアラブル端末を開発するLab126はこれまでに電子書籍端末「Kindle」やAmazon初のスマートフォン「Fire Phone」やAlexaを搭載するAIスピーカー「Amazon Echo」を開発した機関です。

近く発表される「Amazonスマホ」と独自の研究開発機関「Lab126」とは - GIGAZINE


2018年にはLab126が家庭用ロボットを開発中であることも報じられました。

Amazonが家庭用ロボットを開発中、動くAlexa端末か - GIGAZINE


Amazonの感情読み取り技術開発プロジェクトについては、どのくらい進んでいるのかや、実際に商業的に活用されるのかについては、記事作成時点で不明。Bloombergは新技術によりAmazonがヘルスケア製品開発のための情報を得たり、より的確な広告のターゲティングを行ったりする可能性も示唆しています。2017年時点で既にAmazonは声の調子に応じてせき止めドロップをオススメするようなスマートスピーカーの特許を取得しており、このようなターゲティングをより正確に行えるようになるわけです。

AmazonはAlexaを利用可能なデバイスのエコシステムを構築しようとしており、音声から感情を読み取る仕組みによって音声アシスタントの新たな可能性を開くことができるとみられています。

一方で、人間の声に含まれる情報を読み取ろうとする研究は行われているものの、「人間の感情をコンピューターで正確に読み取る」技術の開発には、まだ大きな課題が伴うとみられています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
AIが人間の表情から感情を読み取る「感情検出技術」はなぜ危険視されているのか? - GIGAZINE

なぜAIは人間の脅威となり得るのか? - GIGAZINE

AIに感情を通わせるのは想像以上に難しく不可能かもしれない - GIGAZINE

科学研究における「感情」の定義や「人にはどのような感情があるのか」はそもそも明らかではない、という指摘 - GIGAZINE

目に見える情報は感情によってコントロールされている - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ハードウェア, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.