生き物

「アリの戦争は人類の戦争とよく似ている」のはなぜか?

By alessandrozocc

種としてはかけ離れていますが、道路の建造、交通ルールの整備、チームワークなど、生物の中でもアリと人類の共通項はたくさんあります。熱帯におけるアリの研究を行っているマーク・W・モフェットさんが人類とアリの戦争時における共通点を解説しています。

When It Comes to Waging War, Ants and Humans Have a Lot in Common | Science | Smithsonian
https://www.smithsonianmag.com/science-nature/when-it-comes-waging-war-ants-humans-have-lot-common-180972169/

モフェットさんは人間とアリのような社会性のある昆虫の類似点の中でも、「戦争における類似」は最も興味深いものの1つだと考えているそうです。モフェットさんによると、アリと人の「戦争」は、群れの大きさによってその「過激さ」が異なるとのことです。

小規模な群れでは、アリも人類も相手を殺すよりも「逃げる」ことを選びます。20匹ほどの小さな群れで暮らすAcanthognathusというアギトアリの一種は、小枝に巣を作りますが、他の群れと抗争が起きそうになると、すぐ別の枝に巣を移します。狩猟採集生活を営む原始的な人類も他の群れとの抗争が起きそうな場合は、守るべき資産を持っていないため、ほとんどはすみかを移すことを選んだそうです。

By ababaka

中規模の群れの戦争では、一定のルールが保たれる場合が多いそうです。ミツツボアリは他の群れとの戦争が生じた際、群れより体の大きい代表者が出てきて、体を大きく見せるようにしてお互いに威嚇しあうそうです。この体のサイズの差は、群れの戦闘力の差だと解されるのか、小さい代表者を出した群れは撤退するとのこと。

人間もアリ同様に、中規模の群れ同士での戦闘は儀式的なものになります。ニューギニア島で観測された数百人規模の部族間の衝突は、お互いに距離を置いて向かい合い、盾を持った相手めがけて矢を撃つかヤリを投げるというもので、ほとんど死者が出なかったそうです。

By Surya Prakosa

大規模な群れでは、全面戦争が行われます。モフェットさんの観察によると、人類もアリも群れの数が1万を超えたあたりから、儀式的な戦闘から本格的な戦争に移行しだし、群れの数が数十万を超えると、戦争の過激さは最大化するそうです。モフェットさんによると、世界の侵略的外来種ワースト100にもノミネートされるほど凶暴な性質を持つアルゼンチンアリは互いの群れを標的として、何百万の犠牲者を出すような大規模戦争をサンディエゴ近郊で毎週行っているそうです。


アリと人間において、群れの数と戦争の過激さが比例する理由としては、単純な経済学的な理由が考えられるとのこと。大規模なコミュニティでは1人当たりの生産性が高くなり、労働力の余剰が発生するため、その労働力の余剰を戦争に回せるというわけです。

モフェットさんは「人類とアリの戦争には共通点がありますが、人類とアリの違いは頭脳です。我々は労働力の余剰を芸術、科学、エンターテイメントなどに割り当てることが可能ですし、同盟を結ぶこともできます。平和を追い求めることこそ、人類とアリの違いを際立たせる最も印象的なことなのです」とコメントしています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
グンタイアリは自分たちの体で橋を作るとき2つのシンプルなアルゴリズムに従っている - GIGAZINE

アリはどうやって自分たちより巨大なモノを協力して運んでいるのか? - GIGAZINE

アリのコロニーは世代を超えて過去の記憶を受け継いでいる - GIGAZINE

シロアリが農業を人類よりはるか昔から行っていたことが判明 - GIGAZINE

人間はなぜ殺し合うのかという謎の解明へ一歩前進、チンパンジーの事例が適応戦略で説明できることを京大が発表 - GIGAZINE

人間の殺人率は遺伝と環境のどちらに基づいているのか? - GIGAZINE

in 生き物, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.