試食

あの「ブタキム」が焙煎黒こしょう・焦がしニンニクで真っ黒&旨辛さ倍増のエースコック「スーパーカップ1.5倍 ブタキムラーメン スパイシーBLACK」試食レビュー


2019年5月13日よりエースコックから、定番商品の「豚キムチカップめん」の姉妹品となる真っ黒なスープが特徴的な「スーパーカップ1.5倍 ブタキムラーメン スパイシーBLACK」が登場しています。ブタキムラーメン スパイシーBLACKは豚キムチラーメンのとんこつ醤油の味わいをベースにしつつ、焙煎黒こしょうや焦がしニンニク、唐辛子などのスパイスが利いたカップ麺になっているとのことなので、実際に食べてみました。

スーパーカップ1.5倍 ブタキムラーメン スパイシーBLACK|商品情報|エースコック株式会社
https://www.acecook.co.jp/products/detail.php?id=959

これが「スーパーカップ1.5倍 ブタキムラーメン スパイシーBLACK」です。


定番のブタキムは赤ベースでしたが、「スパイシーBLACK」とだけあって真っ黒なパッケージ。


イメージには麺の上にのったキムチが描かれています。スパイシーBLACKはエースコックの定番商品「豚キムチカップめん」をベースにしているとのこと。


カロリーは1食あたり459kcalです。


原材料名を見ると、「黒こしょう」「ニンニク」の記載は特になし。黒こしょうやニンニクは「香辛料」「香辛料抽出物」に含まれているのかも。


パッケージを開けてみると、かやく・粉末スープ・調味油が入っていました。


最初に、かやくと粉末スープを入れます。


かやくからは唐辛子のスパイシーな香りが漂ってきました。


内側の線までお湯を注ぎます。必要なお湯の量は約500ml。


フタに調味油をのせて温めながら、3分間待ちます。


3分経過後、調味油を入れます。調味油は真っ黒な色をしています。


よくかき混ぜて完成。


完成したブタキムラーメン スパイシーBLACKはこんな感じ。スープの縁には真っ黒な調味油が溜まっていますが、縁以外の部分ではとんこつのミルキーな白色と調味油の黒色が混ざった色合いをしています。


食べてみると、黒こしょうとニンニクの風味に負けないくらいベースのとんこつ醤油のうま味とコクを感じます。パッケージいわく「黒くて辛い」とのことですが、黒こしょうの香辛料的な「スパイシーさ」は強く感じられる一方、唐辛子的な「辛さ」はそれほど強くは感じられません。スープを飲むと、口の中がカーッとなるほどのこしょうの刺激を堪能できます。シャクシャクとした食感のある白菜キムチが時折アクセントになっていました。


通常の「スーパーカップ1.5倍 豚キムチラーメン 超やみつきブタキムオイル仕上げ」と食べ比べてみると、双方ともにとんこつ醤油のうま味とコクは共通ですが、今回のブタキムラーメン スパイシーBLACKのスパイシーさが際立つ印象です。スパイシーさがない反面、キムチの塩味ととんこつの味わいを楽しみたいならば通常のブタキムという印象でした。


「スーパーカップ1.5倍 ブタキムラーメン スパイシーBLACK」は2019年5月13日から全国のスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどの小売店で購入可能で、小売希望価格は税抜205円となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「よこすか海軍カレー」の深いコクと玉ネギの甘みを取り込んだエースコック「よこすか海軍カレーラーメン」と「よこすか海軍カレーうどん」 - GIGAZINE

ココイチ監修のカレーラーメン「エースコック CoCo壱番屋監修 刺激のスパイスカレーラーメン」など2種の新作カレーラーメンを食べてみた - GIGAZINE

ポークの旨味とコクがガッツリ入ったピリ辛醤油スープを堪能できる「全国ラーメン店マップ 奈良編 天理スタミナラーメン しょうゆ味」を食べてみた - GIGAZINE

人に必要な栄養をすべて麺に詰め込み「完全食」をカップ麺で実現した日清「All-in PASTA」試食レビュー - GIGAZINE

「サントリー 伊右衛門プラス コレステロール対策」はさっぱりした味わいと緑茶の香ばしさを両立している - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.