乗り物

自動運転カーで撮影されたポルノムービーが世界で初めて登場


技術の進歩によって、人間がハンドルを握らなくてもコンピューターによって自律走行をする自動車が実現しつつあります。そんな中、テスラのオートパイロット機能で走行する車の中で撮影されたポルノムービーが公開され、話題になっています。

These idiots shot a porno in an Autopilot-enabled Tesla and Elon Musk deserves some blame
https://thenextweb.com/cars/2019/05/09/these-idiots-shot-a-porno-in-an-autopilot-enabled-tesla-and-elon-musk-deserves-some-blame/

Someone Shot a Porn While Driving a Tesla On Autopilot
https://gizmodo.com/of-course-someone-shot-a-porn-video-in-a-tesla-driving-1834638212

世界初となる自動運転車内でのポルノムービーは、YouTubeに次ぐ世界2位のムービー共有サイトであり、世界最大のポルノサイトでもあるPornhubで公開されました。


およそ9分ほどあるムービーは、デートアプリであるTinderでデートの約束をした男性が、女性をテスラの車で迎えに行くという内容。しかし、車に乗り込んで45秒で、2人はデートをほったらかしてそのまま車の中で行為に及んでしまいます。

2人が事に及ぶ間も車は走り続けますが、男性はハンドルに軽く手を添えているだけ。テスラの車に搭載されているオートパイロット機能を使って走行を続けたまま、運転席に座る男性に女性が馬乗りになる場面や、一時的とはいえ男性が完全にハンドルから手を離す場面もありました。

このムービーは2019年4月末に投稿されたようですが、記事作成時点で再生回数は既に530万回を超え、「Tesla」がPornhubの検索ワード1位になるほどの話題となりました。ムービーに出演したポルノ女優のテイラー・ジャクソンさんはTwitter上で、テスラのCEOであるイーロン・マスク氏へリプライを送る形でこの喜びを伝えています。


ただし、テスラは公式サイトに「オートパイロット機能はまだ完全な自動運転システムではありません」「この機能は、ハンドルを握った状態でいつでも運転を引き継ぐ準備ができているドライバーによる使用を意図しています」と述べています。実際、オートパイロット機能を使っていたテスラ モデルSが停車している消防車に衝突してしまうなど、自律走行中であってもドライバーの不注意による事故が起こってしまうのが現状。

テスラ・モデルSのオートパイロットはなぜ停車中の消防車を避けきれなかったのか? - GIGAZINE


海外メディアのThe Next Webは「テスラのオートパイロット機能は、人間が走行中の車のハンドルに力を加えると解除される可能性があります。運転席にぶつかると明らかに事故を起こす可能性もありました」と強く批判し、ムービーに関わった人を「Idiots(ばか者ども)」と呼んでいます。

なお、GizmodoがPornhubとTeslaにコメントを要請したところ、両社とも応じなかったそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
AIを頭脳とする全自動ロボットが起こした人間の死亡事故に焦点を当てたドキュメンタリー「The Truth About Killer Robots」 - GIGAZINE

「2020年に完全自動運転車100万台によるロボットタクシー事業を展開する」とイーロン・マスクCEOが豪語 - GIGAZINE

テスラ・モデルSのオートパイロットはなぜ停車中の消防車を避けきれなかったのか? - GIGAZINE

自動運転で発生した2件の死亡事故への「誤検知」の影響とは? - GIGAZINE

テスラが主張する「オートパイロットは一般の車よりも3.7倍安全」という主張をデータサイエンティストが詳細に分析 - GIGAZINE

in 乗り物, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.