ゲーム

マインクラフトが10周年記念にリリース当初のバージョンが楽しめる「Minecraft Classic」を無料公開


2019年5月17日についに10周年を迎える「Minecraft(マインクラフト)」が、10年前のゲームリリース当初のバージョンを楽しめる「Minecraft Classic」を発表しました。

Embrace the Past with Minecraft Classic | Minecraft
https://www.minecraft.net/ja-jp/article/embrace-past-minecraft-classic

マインクラフトはブロック状の世界で建築したり農作物を育てたり冒険したりしながら自由に遊ぶことができるゲームです。2018年の時点で累計販売本数が1億4400万本を突破しているだけでなく、デンマーク政府が国土を4兆個・1TBもの超大作で再現したり、スウェーデンでマインクラフトが必修科目の学校が登場したり、自閉症やADHDにも効果があることが明らかになったりと、ゲームの域を超えた影響を世界に及ぼし続けているタイトルです。

そんなマインクラフトが初めに登場したのが2009年でした。リリース当初はわずか32種類のブロックしか存在せず、バトルロワイヤルモードやクラフトシステムすら存在していませんでした。そんな約10年前に登場した荒削りな初期版マインクラフトをプレイでき、「Minecraft Classic」が登場しています。リリース当初はバグも複数存在したそうですが、それらもすべて忠実に再現しているとのこと。


「Minecraft Classic」はウェブブラウザ上で無料でプレイ可能となっており、複数のタブを開いた状態でも驚くほど軽快に操作できます。

Minecraft Classic
https://classic.minecraft.net/


なお、マインクラフトは10周年を記念して公式サイト上で過去10年間を振り返る年表を出しているほか……

10 周年 | Minecraft
https://www.minecraft.net/ja-jp/.data_2009


10周年を記念してハッシュタグ「#MinecraftMemories」上で、マインクラフトに関する思い出を募集中です。


また、MicrosoftがマインクラフトのAR版をにおわせるムービーも公開しており、詳細は5月17日に発表されるようです。

What’s Minecraft up to? - YouTube

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
マインクラフトから生みの親「ノッチ」関連のメッセージが削除される - GIGAZINE

マインクラフトで手書きの数字を認識するニューラルネットワークを構築する猛者が登場 - GIGAZINE

マインクラフトでAtari 2600を動かすエミュレータを構築した猛者がゲーム世界タイ記録に並ぶことに成功 - GIGAZINE

マインクラフトの心臓部「ソースコード」の一部がオープンソースとして順次リリースされ誰でも自由に再利用できる状態に - GIGAZINE

無料でGoogleのクラウド上にマインクラフトのサーバーを立てて複数人でマルチプレイする方法 - GIGAZINE

in ソフトウェア,   動画,   ゲーム, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.