ハードウェア

世界初のドローンによる「移植用臓器の運搬」が成功


ドローンによる荷物の配達は既に実用化されており、郵便や宅配事業に活用されているだけでなく、交通網が未発達な地域ではドローンが輸血用の血液や薬剤などを空輸し、医療に貢献しています。そんな中、アメリカでは世界初の試みとして、ドローンを用いた移植用臓器の運搬が行われ、無事運搬と移植に成功しました。

University of Maryland's Schools of Medicine and Engineering First to Use Unmanned Aircraft to Successfully Deliver Kidney for Transplant at University of Maryland Medical Center | University of Maryland Medical Center
https://www.umms.org/ummc/news/2019/pioneering-breakthrough-unmanned-aircraft

First drone delivery of a donated kidney ends with successful transplant - CNN
https://edition.cnn.com/2019/05/01/health/drone-organ-transplant-bn-trnd/index.html


移植用臓器の運搬に成功したのは、メリーランド大学とメリーランド医科大学が開発したドローン「HOMAL」です。HOMALは「Human Organ Monitoring and Quality Assurance Apparatus for Long-Distance Travel(長距離移送のための人体臓器モニタリングおよび品質保全装置)」の略称で、機体の高度やGPS情報だけでなく、温度・気圧・高度・振動などの詳細なデータを随時記録して、無線メッシュネットワークを介して病院にいる臓器移植担当者のスマートフォンに送信する機能を備えています。


また、安全対策としてバックアップのプロペラとモーター、予備バッテリー、パラシュートなども装備しているとのこと。

ドローンを使用して移植用の臓器を運搬している様子は、以下のムービーを見るとよく分かります。

University of Maryland Unmanned Aircraft Used to Complete Kidney Transplant - YouTube


ムービーは、病院内で慌ただしく輸送の準備を進めるスタッフの様子から始まります。スタッフの1人はドローンを操縦するためのコントローラーを持っています。


メリーランド州のボルチモア西部にあるドローン打ち上げ現場では、仮設の通信基地になっている車両のわきでドローンが待機中です。


「打ち上げ準備完了、さあ歴史を作ろう」のかけ声を合図に、ドローン「HOMAL」のプロペラがうなりを上げて回転を開始し、機体が上昇を始めました。


ドローンカメラには、機体に取り付けられた運搬用のコンテナと、どんどん遠ざかっていく地面が映っています。


地上から見たドローンはこんな感じ。


夜の街並みを眼下に見ながら臓器を運ぶドローン。


病院で移植を待つレシピエントの女性の顔には、臓器移植への期待からか笑顔が浮かんでいます。女性はこの日を8年間待ち続けていたとのこと。


ドローンは、約2.8マイル(約4.5km)の距離を約10分で飛行したのち、目的地に到着。


歓声を上げながらスタッフがドローンに駆け寄ります。


ドローンのコンテナに取り付けられたモニターには、臓器の温度がしっかりと0度に保たれていることが表示されていました。


ドローンはすぐに病院内に運び込まれました。


プロジェクトを指揮していたメリーランド医科大学のジョセフ・スカレア外科准教授がカメラに向けてサムズアップ。


「このプロジェクトの成功は、臓器輸送に革命をもたらす大きな1歩です」と語っていました。


ドローン「HOMAL」による臓器の運搬は2019年4月19日に実施され、8年間透析を続けてきた44歳の腎臓病患者トリーナ・グリスピーさんに腎臓を届けました。移植手術は無事に成功し、グリスピーさんは2019年4月23日に退院したとのことです。

全米臓器配分ネットワークの調べによると、これまで移植手術のために提供された臓器のうち、約4%が2時間以上も遅配し、さらに約1.5%が本来の目的地に到達することができなかったとこと。今回のプロジェクトの成功について、メリーランド大学工学部のダリル・パインズ学部長は「技術的にも意義深いものですが、人命を救うという意味でより価値のあるものです」と語り、今後の移植医療の発展に大きく貢献するものだとの見方を示しました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
血液や薬品を空から配達する「ドローン」がアフリカで大活躍している - GIGAZINE

ドローン配達サービス「Wing」がオーストラリアで商用サービス開始、運営はGoogleの兄弟会社 - GIGAZINE

世界で初めて「ドローンを用いた都市部での宅配サービス」が実用化される - GIGAZINE

小型ロボットを農業に導入して農業の効率化を達成する試みが進行中 - GIGAZINE

Amazonが玄関先まで無人で荷物を届ける配達ロボット「Scout」を発表 - GIGAZINE

無人の軍事用ロボットによる戦闘行為は既に起こっているという指摘 - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in ハードウェア,   サイエンス,   動画, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.