取材

結成22年を迎える声優ユニット・シフォンが新アルバムを持ってマチ★アソビ vol.22に登場


マウスプロモーションに所属する氷上恭子さん・増田ゆきさん・小島幸子さんによる声優ユニット「シフォン(Chiffons)」が、結成22年目に22回目のマチ★アソビに初参加し、ライブやトークイベントを繰り広げました。

シフォン(@chiffons3)さん | Twitter
https://twitter.com/chiffons3

シフォンは、もともと事務所の中で妹的ポジションだったという氷上さんがお姉さん的存在としてリーダーになり、氷上さんの1期後輩にあたる増田さんと、新人だった小島さんをメンバーとして1997年に結成されたユニットです。2019年は結成22年目で、数字としては「○周年」のように揃ってはいないものの、ちょうどマチ★アソビがvol.22ということで今回初めて参加することに。

初日は両国橋西公園ステージで「シフォン Newアルバム「PiecePiecePiece」発売記念ライブ in マチアソビ」が行われました。マイクを持っている6人が登壇者で、左から高野麻里佳さん、増田ゆきさん、五十嵐裕美さん、氷上恭子さん、大野柚布子さん、小島幸子さん。


2日目に新町橋東公園ステージで行われたのはトークイベント「シフォントーーク!」。


シフォン大好き声優である五十嵐裕美さん、高野麻里佳さん、そしてあまり知らない声優として木島隆一さんをゲストに、シフォン結成や3人の個性を感じるエピソード、さらに五十嵐さんや高野さんが知る情報などが語られました。


シフォンの3人が巧みに攻守を入れ替えつつトークを繰り広げる中に、シフォンに憧れる五十嵐さん、ゲーマーとしての血がうずいた高野さん、圧倒されっぱなしの木島さんが加わることで、笑いの絶えないステージとなりました。五十嵐さんはシフォンを見てユニットへの意欲を見せ、イベントではマネージャーさんからOKの合図が出ていたので、これからの動きにも注目したいところ。なんとなく、「五十嵐さんが誰かを引き連れている」というとマウスどうぶつえんのイメージが重なりますが、どうなるでしょうか。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
地方から声優を目指した三者三様の事例を高井舞香・山下七海・江原裕理が語る - GIGAZINE

「純米吟醸酒 繪里子」を飲みつつ声優・中村繪里子のトークを聞けた「繪里子酒で乾杯」 - GIGAZINE

声優マネージャーの「声優」「マネージャー」「仕事論」を詰め込んだ書籍「声優をプロデュース。」は他の仕事にも通じる一冊 - GIGAZINE

声優事務所マウスプロモーションの納谷僚介さんが初著書の原稿を「生執筆」 - GIGAZINE

一番難しいのは「生き残ること」、大塚明夫が「声優」という職業を語る - GIGAZINE

「声優だけはやめておけ。」と声優・大塚明夫が綴った「声優魂」 - GIGAZINE

大塚明夫さんによる声優を本気で目指す人のための熱血指導「声優超特講」レポート - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in 取材, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.