ソフトウェア

OpenAIの人工知能「OpenAI Five」が人間の世界王者を撃破、誰でもオンラインでOpenAI Fiveと戦えるキャンペーンも期間限定で開催予定


人工知能を研究する非営利団体OpenAIが開発した「OpenAI Five」が2019年4月14日、対戦型リアルタイムストラテジーゲーム「Dota 2」の2018年度世界大会覇者OGに勝利を収めました。チェスや将棋だけではなく、ゲームにおいてもAIの躍進は続いています。

OpenAI’s Dota 2 AI steamrolls world champion e-sports team with back-to-back victories - The Verge
https://www.theverge.com/2019/4/13/18309459/openai-five-dota-2-finals-ai-bot-competition-og-e-sports-the-international-champion

Dota 2はマルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(MOBA)の1つで、100キャラクター以上の中から1つのキャラクターを選択して操作し、5人対5人で戦うゲームです。プレイには、「どのキャラクターを選択するか」「レベルアップによってどのスキルを取得するか」「どのアイテムを装備するか」などの長期的な戦略も問われる一方、戦闘はリアルタイムで進行するため、瞬間的な思考力や反射神経も問われます。


Dota 2は世界最大のゲーミングプラットフォームSteamを運営するValve Corporationによって開発され、継続的なアップデートが続けられており、2018年度の世界大会・「The International 2018」の賞金総額は約2553万ドル(約28億6000万円)を記録しています。OpenAI Fiveは「The International 2017」で発表されると同時にかつての世界王者と1対1の試合を敢行。そのまま勝利を収めるという鮮烈なデビューを果たしました。

OpenAI開発の人工知能がゲームDota 2の1対1バトルで人間の世界チャンピオンに勝利 - GIGAZINE


その1年後には現役プロゲーマーが率いるチームに勝利を収め、継続的な進歩が報じられてきました。

プロゲーマーチームと5対5で対戦したOpenAIの人工知能「OpenAI Five」が勝利 - GIGAZINE


そして2019年4月15日、OpenAI Fiveはアメリカカリフォルニア州サンフランシスコで行われた親善試合において、世界大会「The International 2018」の覇者・OGに勝利を収めました。OGはThe International 2018の優勝賞金として約1123万ドル(約12億6000万円)を獲得しており、Dota 2におけるトップチームの1つです。3番勝負・2本先取で勝利という形式で行われた一連の試合では、OpenAI Fiveは人間のプロの間ではあまり見ることのない、お金を支払ってキャラクターを強制的に復活させる「BuyBack」を序盤から使うなどの「AI独特の戦略」をとり、1度も敗北することなく2本を先取。シリーズの勝利を収めました。


Dota 2の平均試合時間は35分ほどですが、2試合目の試合時間はわずか20分。OpenAI Fiveには「短期的な利益を重視する」という選好があり、序盤にリードを得るようなプレイを行い、それによって得たアドバンテージによって押し切るような形で勝利を収めています。


今回の試合は親善試合の形式で行われ、OGはあくまでも楽しみながらプレイしていました。また、Dota 2では100種類以上のキャラクターが選べますが、OpenAI Fiveは17種類のキャラクターしかプレイできず、一部のアイテムや一部のコマンドが使えません。OpenAI Fiveはまだまだ発展の途上であり、今回の勝利は「AIの進歩の結果」というよりも「AIの進歩の過程」であるといえます。

また、2019年4月18日太平洋標準時6:00(日本時間では22:00)から2019年4月21日太平洋標準時11:59(日本時間では22日03:59)まで、OpenAI FiveとDota 2をプレイできるキャンペーンが開催されています。このキャンペーンではOpenAI Fiveを相手にして戦うだけでなく、仲間にしてプレイすることも可能となっています。

OpenAI Five Arena
https://arena.openai.com/

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「機械学習による地図」をFacebookが開発、流行病の対策にも役立てられる - GIGAZINE

人工知能開発の天才デミス・ハサビスが率いるDeepMindの野望と親会社Googleとの攻防とは? - GIGAZINE

人工知能企業のDeepMindがタンパク質の立体構造を予測する「AlphaFold」を開発 - GIGAZINE

AIによる自動文章作成ツールがあまりにも高精度のテキストを簡単に作り出してしまうため開発陣から「危険過ぎる」と問題視される - GIGAZINE

OpenAI開発の人工知能がゲームDota 2の1対1バトルで人間の世界チャンピオンに勝利 - GIGAZINE

Dota 2で人間チームに勝利したOpenAIの人工知能「OpenAI Five」が今度は著名プレイヤーチームと対戦することを発表 - GIGAZINE

OpenAIの人工知能「OpenAI Five」がDota 2の5対5バトルで人間チームに勝利 - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in ソフトウェア,   ネットサービス,   ゲーム, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.