試食

ブラックサンダーにミントが入って甘さと爽やかさをバランス良く楽しめる「ブラックサンダープリティスタイル チョコミント」を食べてみた


2019年4月15日(月)に有楽製菓「ブラックサンダー」シリーズにミントの爽やかな香りとコーンフレークの軽い食感がバランス良く味わえる「ブラックサンダー プリティスタイル チョコミント」が登場しました。どれほどの「ミント感」になっているのか、実際に食べてみました。

ブラックサンダープリティスタイル チョコミント - 商品ラインナップ - 商品情報 | 有楽製菓
https://www.yurakuseika.co.jp/lineup/product_48.html

「ブラックサンダープリティスタイル チョコミント」はミントグリーンを基調にチョコチップをイメージさせるような粒々が描かれたパッケージです。


「私たちは、チョコミン党!!」というフレーズとともに、ブラックサンダーのモチーフである稲妻とチョコミントアイスクリームがあしらわれています。プリティスタイル チョコミントは2018年の初登場時にチョコミン党からの強い反響があり、今回の再登場に繋がったとのこと。


原材料をチェックしてみると、準チョコレート(砂糖、植物油脂、全粉乳、ココアパウダー、脱脂粉乳、カカオマス、乳糖、食塩)・ココアクッキーなどブラックサンダーらしい原材料の他にも、ミントチョコチップ、コーンフレークが入っていました。


内容量は1袋54gで、カロリーは292kcalです。


開封して中身を取り出してみると、一口サイズのチョコレートが9個入っていました。


食べてみると、ブラックサンダーのザクザクとした食感とともに、ミントの風味がすっと口の中に広がって、涼やかな香りが鼻に抜けていきます。それでも、ミントの清涼感自体は強くないため、食べ進むにつれてチョコレート本来の甘さが強まっていき、最終的にはミントの涼やかな香りとチョコの甘さをバランスよく楽しむことができました。


また、2019年度版のブラックサンダープリティスタイル チョコミントは冷蔵庫で冷やすことでより一層清涼感が楽しめるとのこと。


実際に冷蔵庫で冷やしてみます。


食べてみると、冷やすことによってチョコレートのザクザクとした食感は強化されますが、味の変化は感じられませんでした。


「ブラックサンダープリティスタイル チョコミント」は2019年4月15日から全国のコンビニエンスストアで参考価格税別100円で購入可能です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
チョコミントのミント感をガツンと増した爽快感たっぷりの「31 スーパーチョコミント」をサーティワンで食べてきた - GIGAZINE

バナナの濃厚な甘さとキャラメルの香ばしさが口の中で溶け合う「PARM キャラメル・バナーヌショコラ」試食レビュー - GIGAZINE

白桃の清涼感ある甘さがなめらかに広がる「白桃ソフト」をミニストップで食べて旬を先取りしてきた - GIGAZINE

ライチの優しい甘みとラズベリーの甘酸っぱさが相性抜群なハーゲンダッツ「ミニカップ ライチ&ラズベリー」を食べてみた - GIGAZINE

「モンスター パイプラインパンチ」はパッションフルーツ・グァバなど南国の果実が混ざりあった甘くて飲みやすいエナジードリンク - GIGAZINE

ペプシが和柑橘風味で日本人向けの味わいに進化した「ペプシ ジャパンコーラ」「ペプシ ジャパンコーラ ゼロ」試飲レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.