メモ

Alexaが聞いた会話内容は録音されAmazonの従業員によって解析されている

by Priscilla Du Preez

スマートスピーカーのAmazon Echoなどに搭載されている音声認識アシスタント「Amazon Alexa」を巡っては、2018年12月に録音データが無関係な第三者に送信される事例が発覚していますが、新たにニュースサイト・Bloombergにより、Alexaが聞き取った音声データはAmazonの従業員により手動でタグ付けが行われているという事実が報じられました。

Is Anyone Listening to You on Alexa? A Global Team Reviews Audio - Bloomberg
https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-04-10/is-anyone-listening-to-you-on-alexa-a-global-team-reviews-audio


Amazon has thousands of people listening to snippets of Alexa chats
https://www.cnbc.com/2019/04/10/amazon-has-thousands-of-people-listening-to-snippets-of-alexa-chats.html

Bloombergの情報源となったのは、Alexaの集めた音声データを解析する秘密チームのことを知る人物だとのこと。


この人物の話では、秘密チームはAmazon従業員と、ボストンやコスタリカ、インド、ルーマニアなどにあるオフィスで働く請負業者で構成されており、たとえば「テイラー・スウィフト」という音声データを見つけ出しては「これは音楽アーティストについての発話」というタグを付ける、という作業を行っているとのこと。その数は、1回のシフトで1000件程度。

音声データは、Alexaに向けて「○○はなに?」と話しかけたものだけではなく、シャワーを浴びながらの鼻歌、助けを求めるような子どもの叫び声といったデータも含まれているそうです。

by Laura Marques

「家でスマートスピーカーに話しかけるとき、必ずしも『誰かが音声を聞いているかも』と考えるとは限りません」と語ったのは、スマートスピーカーのプライバシー問題に詳しいミシガン大学のフロリアン・シャウブ教授。Bloombergの取材に対して、魔法のように見える機械学習の裏側では、まだまだ手動処理が行われていることを指摘し、「プライバシー問題かどうかは、どういったタグ付けが行われているか、誰にその情報を提示するかによります」と、現時点でこの件が問題視されるものかどうかという点に慎重な姿勢を見せました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Amazon Echoは確かに素晴らしい、だが一体何をどこまで聞いているのか? - GIGAZINE

初音ミクと会話ができるAlexaスキル「Hey MIKU!」をAmazon Echoで試してみた - GIGAZINE

Amazon Alexaを使って音声操作の火炎放射器を実現した猛者が登場 - GIGAZINE

AlexaやGoogleアシスタント、Siriを人間に聞こえない音で命令することが可能 - GIGAZINE

Amazon EchoやGoogle Homeに「寄生」させると好きな言葉で起動できるようになる「Project Alias」 - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in メモ,   ハードウェア, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.