サイエンス

脳に電気刺激を与えると高齢者のワーキングメモリが20代並みまで回復したという研究結果

by A Health Blog

年を取るにつれて物忘れがひどくなっていくというのは仕方のないことのように思えますが、老人の頭部に電極を装着して電気刺激を与えることで、短い時間の間情報を保持して同時に処理するワーキングメモリ(作業記憶)が20代並みまで回復したという研究結果が科学誌のNature Neuroscience上で発表されています。

Working memory revived in older adults by synchronizing rhythmic brain circuits | Nature Neuroscience
https://www.nature.com/articles/s41593-019-0371-x


Electrical jolts to brain restored memory of elderly to that of 20-year-old | Ars Technica
https://arstechnica.com/science/2019/04/brain-jolts-revive-memory-in-elderly-turning-clock-back-four-decades/

To Improve Memory, Tune It Like an Orchestra - The New York Times
https://www.nytimes.com/2019/04/08/health/aging-brain-memory.html

今回の研究を行ったのはボストン大学のロバート・ラインハルト助教授とジョン・グエン氏で、2人は高齢者の認知機能低下の主要因である「ワーキングメモリの欠損問題」に対するアプローチの1つとして、電気刺激を与えるとワーキングメモリにどのような影響があるかを測定する実験を行いました。電気刺激は前頭前野と側頭皮質の間の作用が効率化するように、被験者それぞれに合わせてカスタマイズされたものです。電気刺激は頭部に貼り付けられた電極から流れるタイプのもので、インプラントなどの手術を要しません。実験では、60歳から76歳の老人42人と比較対照群の20代の若者42人に、画像を見せた後すぐに次の画像を見せ、「2枚目の画像は1枚目の画像と同一なのか、異なっている部分があるのか」を答えるというワーキングメモリの能力を測る記憶テストを受けてもらいました。

電気刺激を与える前にテストを行ったところ、高齢者は80%の正解率でしたが、20代の若者は90%の正解率でした。その後、高齢者には25分間電気刺激を、20代の若者には偽薬効果を考慮して、「偽の電気刺激」を25分間与えました。電気刺激を与えた後に行われたテストでは、高齢者と20代の若者の正解率はいずれも90%をマークし、電気刺激によって記憶テストの結果が良くなるが、偽の電気刺激では結果が変わらないことが確認されました。また、記憶力改善効果は電気刺激を加えてから約1時間持続しました。

By tommyandone

ラインハルト氏とグエン氏は今回の研究で使用された原理を使って、「ワーキングメモリの能力を悪化させる」実験も行いました。若者の被験者の頭部に「脳波を非同期化」させる電気刺激を与えたところ、記憶テストの結果は実際に悪化したとのこと。カリフォルニア大学サンディエゴ校の神経科学者ブラッドリー・ヴォイテック氏はニューヨーク・タイムズに対し「今回の実験は慎重に管理された手法で行われており、電気刺激によるワーキングメモリの改善はまだ簡単に試せるようなものではありません」とコメントしています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
記憶の「関連付け」を行うことでささいなことをキッカケに出来事全体を思い出せるようになる - GIGAZINE

情報を正確に着実に記憶するには一定時間おいて繰り返す「間隔記憶」が有効 - GIGAZINE

「食事の記憶」は次の食事に影響を与える - GIGAZINE

脳は積極的に「記憶を失おうとしている」ことが判明 - GIGAZINE

人間の脳に関するあなたが知るべき7つの事実 - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.