試食

ストロベリー&レモンホイップが濃厚なのに爽やかで初夏を感じる味わいの「リンツ ホワイトチョコレート ストロベリー アイスドリンク」を飲んできた


スイスのチョコレートブランド「リンツ」が展開する「リンツ ショコラ カフェ」が春のフルーツ・イチゴをふんだんに使った「リンツ ホワイトチョコレート ストロベリー アイスドリンク」を期間限定で提供しています。リンツ ホワイトチョコレート ストロベリー アイスドリンクはストロベリー果肉を40%も使用し、瀬戸内産のレモン果汁を加えることで爽やかなドリンクに仕上げたとのことなので、実際に飲んできました。

甘酸っぱいストロベリーと爽やかレモンの香り、フルーティーなホワイトチョコレートドリンクが4月1日から期間限定で登場! | リンツ ショコラ カフェ
https://www.lindt.jp/contents/chocolat-cafe/18443/

リンツ ショコラ カフェに到着。


店内では目当てのリンツ ホワイトチョコレート ストロベリー アイスドリンクがモニターでアピールされていました。


「リンツ ホワイトチョコレート ストロベリー アイスドリンク」(税込772円)は注文してから作られる品で、提供には5分ほどかかりました。通常はカップでの提供ですが、銀座店では瀬戸内産レモンの果皮を丁寧にむいて細かく刻んだレモンゼストを加えたグラス仕様のものが税込1388円で提供されます。


瀬戸内産レモン果汁入りホイップクリームとストロベリーソースにホワイトチョコレートがのっています。


カップの縁に近い部分にはイチゴ色の波模様が描かれていますが、カップの模様ではなくストロベリーホワイトチョコレートで描かれたものです。


ドリンクにはすりつぶした果肉の粒々が形を残すほどたっぷりイチゴが使用されています。


実際に飲んでみると、ベースのドリンクはすりつぶされたイチゴが時折どろっと形を残しており、飲むと贅沢なイチゴの味わいを楽しめます。


ドリンクにトッピングされているホイップクリームはレモン風味をしっかり感じられるもので、食べてみるとチーズは入っていないはずなのにまるでチーズケーキのような濃厚な味わいが口いっぱいに広がります。イチゴベースのドリンクと一緒に飲んでも瀬戸内産のレモン果汁の味わいが豊かに感じられ、もはや「レモンドリンクなのでは」というレベル。レモンホイップクリームのほか、煮詰めたイチゴジャムのような濃厚なストロベリーソースと、パリパリの食感が舌の上でほどけるように溶けるホワイトチョコレートがトッピングされており、それぞれ風味と食感でほどよいアクセントとなってくれます。


「リンツ ホワイトチョコレート ストロベリー アイスドリンク」はリンツ ショコラ カフェ全店舗にて2019年4月1日から2019年5月31日までの期間限定で提供されていますが、なくなり次第終了とのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ティラミスをストローで飲んでいるようなスタバ「クラシック ティラミス フラペチーノ」試食レビュー - GIGAZINE

ベリーたっぷり爽やかなモス「デザートシェイク香るローズゼリー&ミックスベリー」と濃厚抹茶とチョコが溶け合う「ひんやりドルチェ抹茶ショコラ」試食レビュー - GIGAZINE

チョコミントのミント感をガツンと増した爽快感たっぷりの「31 スーパーチョコミント」をサーティワンで食べてきた - GIGAZINE

クリームチーズと甘酸っぱいアプリコットのバランスが絶妙なコメダ珈琲店の「シロノワール チーズタルト」を食べてきた - GIGAZINE

ライチの優しい甘みとラズベリーの甘酸っぱさが相性抜群なハーゲンダッツ「ミニカップ ライチ&ラズベリー」を食べてみた - GIGAZINE

フローズンな白桃がごろっと入ったスイーツ感覚のアイスティー「ゴロッと果実のピーチティー」をミニストップで飲んでみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.